So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

二代宮川香山 色染付荒磯画花瓶 [新入荷]

本日、数年がかりで準備をされておりました、香山の最新研究本が発売になりました!

DSC_7365~01.jpg

「明治の釉下彩 1 宮川香山釉下彩 ~美術となった眞葛~」

著者 関和男 氏

創樹社美術出版  5400円

明治中期から花開いた、香山の真骨頂である釉下彩作品は、世界で人気を博しましたがその全貌が見えにくかったため、肝心の日本での評価が遅れておりました。

数年前に没後100年記念で高浮彫りは世間に広く知られることとなりましたが、それはあくまで欧米に迎合した作品であり、技術は江戸時代の継承といえるもので、新時代のセンスと最新技術の美術というものではありませんでした。

香山が日本でも欧米でも抜きん出たのは釉下彩技術です。

あくなき研究を続けることで、初代の存命中はもちろん、2代、3代に至るまで技術力が落ちることが無かったのも特筆すべき点です。

本日は円熟した釉下彩技術に日本向けのセンスを盛り込んだ、二代香山の優品をご紹介したいと思います。

DSC09726-1.jpg

色染付荒磯画花瓶 


サイズ、が大きいのです。

高さ31.5センチ 幅32.5センチ 

横幅の大きさがなかなか迫力です。

その大きなキャンバスに生き生きとした魚たちが釉下彩で描かれてます。

DSC09727-1.jpg

DSC09734-1.jpg

水の流れもダイナミックに表現されて。

DSC09735-1.jpg

この、奥行きや濃淡のある色彩が、釉下彩の特徴です。

描く際には色は出ておらず、各色がそれぞれ何度で色が発揮するのか全てを計算して描いて、その後上釉をかけて焼き上げて初めて各色が発色するというものなのです。

江戸時代には染め付けとよばれるもの、辰砂(釉裏紅)、鉄釉というものしか釉下彩はありませんでした。

明治中期にドイツのワグネル氏により持ち込まれた技術に、香山独自の研究を重ねることで多色の釉下彩が完成しました。

明治30年頃にはほぼ完成したと言われます。

DSC09736-1.jpg

現代では、釉下彩は解明され、簡単に出きるようにはなりましたが、香山のような日本的なものをベースに欧米に通じる意匠、形状、精神性を持つ作品は現代では見ることは出来ません。

これぞ明治美術というものなのです。

二代宮川香山

安政6年(1859)~昭和15年(1940)

大正6年襲名

明治期、海外の博覧会へ足を運び、当時の最新技術や世界の流行を初代に伝えた。

長造の長男の長平の子であり、4男である初代香山とは17才しか年が離れておらず、初代と共に眞葛香山作品を生み出した。

大正12年には古伊賀焼の復興を指導する。

千家との繋がりで、茶道具も多数製作した。

板谷波山と関東陶芸界を席巻する。






nice!(0)  コメント(0) 

2018年7月8日~12日の新入荷情報です。 [新入荷]

先週の13日、14日のベースへお越し頂きました方々・・・本当に猛暑の中、誠に有難うございました。

ただでさえ、歩く距離でお手間をお掛け致しますのに、申し訳ございません。(__)

残る今月のベースは・・・

明日17日(火)、来週の23日(月)24日(火)26日(木)27日(金)

となります。23日には新入荷追加予定でございます。


では、7月8日~12日の新入荷情報をお届けいたします。




仁阿弥道八 仁清模茶碗 松ノ画 目録掲載品

初代 村瀬治兵衛 溜金線 銘々盆 十枚組

古染付 八角平鉢

久世久宝 刷毛目、黒釉桐竹絵 平茶碗 淡々斎箱 ※ご成約済

濱田友緒 柿釉青差赤絵耳付水指

二代長寛 溢梅蒔画 中棗 即中斎箱

宗三郎(永楽回全) 御室焼写水指 共箱 十七代外箱


この他、初代宮川香山作品が多数入りましたが、それはまた別の機会に。。。

nice!(0)  コメント(0) 

2018年7月のベース、明後日からです! [BASE215]

東美正札会、無事終了致しました。

この度は、お付き合い頂いてますお客様や、最近ご縁のあった方々との再会、等々・・・

皆様に助けられた正札会でした。(^.^)

ご満足頂けるお勧め作品をそれぞれお納め出来たと自負しております。

皆様方には末永くお楽しみ頂けたら幸いです。

この度は、本当に有り難うございました。

DSC_7320~01~01.jpg

東京ラストナイト、ビルに綺麗に写り込んだ東京タワー[ぴかぴか(新しい)]

そして、翌日は横浜で一仕事あり・・・

ついでに中華街でランチ。^_^;

DSC_7325~01.jpg

からの、静岡までお届けものを。

その後、事故渋滞などもあり・・・帰宅したのはホテルを出発してから13時間後でした。。。。(-_-;)

しかし、休んでる暇はありません!

翌日から神戸に3日間の出張中です。

明後日からのベースでは、新入荷を少しご覧いただきたく存じます。

DSC_7233~01.jpg

7月といえば、世間ではバーゲンシーズンです。

今月ベースは、ちょこっとバーゲン致します。

以前より気になられてる作品がございましたら、特別価格でのご提供が出来るかもしれません。(^.^)

13日午後よりスタートです☆


nice!(0)  コメント(0) 

準備完了!&六本木ヒルズ [見聞録]

東美正札会の準備が完了しました!

今回は陳列スペースが充分でなかったので、まっっったく、納得できる展示が出来ませんでした。(-_-;)

それでも、なんとか・・・フクサの使用を控えて詰め込みました。

DSC_7267~01.jpg

ちょっと、見辛いかもしれませんが、珍しいもの取り揃えておりますので、どうぞ宜しくお願い致します[ぴかぴか(新しい)]

DSC_7265~01.jpg

4階20エリアです。

2階にも雲華風炉や旦入向付、6代大樋平向付に出しております。


さて。。

夜は、森美術館で開催中の『建築の日本展』行ってきました。

盛りだくさんのボリュームで、あっという間の2時間でした。

DSC_7288~01.jpg

2015年ミラノ万博 日本舘の立体木格子です。

5.3メートルも! (設計 北川原温)

木造建築恐るべし、の技術の宝庫です。


DSC_7297~01.jpg

丹下健三自邸 1953年 を3分の1で宮大工が再現。


DSC_7292~01.jpg

待庵も再現されてました。

DSC_7296~01.jpg

原寸体験 レーザーファイバーと映像により様々な部屋を原寸大体験


様々な建築を、過去や未来、日本人から、外国人から見る日本建築の一大総解説・・そして現代に受け継がれているものなど、クラシカルとモダンの融合が面白かったです。


DSC_7299~01.jpg

展望室から見下ろす?東京タワーは、雨曇りの中でもきれいに浮かび上がってました。(^.^)

nice!(0)  コメント(0) 

10月の眞葛ミュージアムイベントのお知らせです! [眞葛香山]

明後日からの東美正札会に向けて・・・本日、東京入りしました。

DSC_7252~01.jpg

道中は多数の県を跨いでの移動ですので、今回は晴れたり曇ったり、小雨だったり、大雨だったり・・が入り乱れること激しいことで。^_^;

無事到着しました。

東美正札会は今回も4階に出品が確定しましたが、詳細はまた明日お知らせ致します。

少し先のイベントのご紹介です。先日に少しご紹介しました眞葛ミュージアムのイベントです。

6年ぶり!です。

83461C8D-8455-4295-A9DA-D0243F344630~01.jpg

発表になりました。盛りだくさんです。

(画像が見えにくい場合は眞葛博士ブログもしくは、ミュージアムHPをご参照下さい)

事前申し込みが必要なので、早めからの告知を致します。

61EB8F5A-3933-420E-8036-9599B0988B31~01.jpg

こちらも、6年前に続きまして2回目です。

前回は、初代から3代まで技法も様々な作品が、本当にぶっつけ本番で揃いました。直前までどうなることかとひやひやしましたが、有り難いことです。^_^;

皆様のご参加をお待ち申し上げております!

2日間、眞葛香山で楽しみましょう[ぴかぴか(新しい)]


nice!(0)  コメント(0) 

永楽善一郎(保全) 祥瑞柘榴振出 [新入荷]

永楽保全の逸品です。

DSC09661-1.jpg

永楽善一郎(保全) 祥瑞柘榴振出

振出し、と言っても茶箱用ではありません。

サイズは高さ10.3㎝ 幅8.8㎝です。

元来は、高貴な方の注文品での菓子器として、あるいは飾り用として製作された特別注文品です。

DSC09662-1.jpg

3面に松竹梅が描かれており、ふんわりと6角形の面になってます。

保全のこの柘榴形の振出しは有名なのですが、かなり稀少なものになります。

研究・収集家さまから伺った話と、各資料からも・・・

存在が確認されているのはわずかです。

一番有名なのは、昭和63年 「源氏五十四帖と永楽歴代展」(高島屋巡回)という即全の超逸品作品と歴代の珍しい作品を一同に会した展観で「金襴手柘榴振出し」が出展されました。

同じ個体が平成元年に「京都に於ける幕末の茶陶名工展」(京都美術倶楽部)にも展示されました。

他には、旧い陶器書籍にて染付柘榴振出しで、柘榴が大きく張り出していない意匠の物、同じような意匠で数年前に永楽善五郎歴代展(高島屋巡回)で「染付柘榴振出し」(山水図)があるのみです。

DSC09663-1.jpg


DSC09664-1.jpg


当作品の特徴として、『祥瑞』表記とされている点と『善一郎』作である二点が挙げられます。

保全作品の全体を見渡してみますと、染付と祥瑞の二種類の表記作品があります。

染付の上がりの良さや意匠の気合?から区別はされてるようですが、三井家の所蔵品などを観ますと、後年になるほど技術が上がったからか、祥瑞作品が多数生まれています。

湖南作品でもその傾向が見られます。

ただ、高槻と湖南作品では甘い染付手も多く造られてますので、優品が生れる技術は上がったものの、窯の状態等により優品の割合は多くないのかもしれません。

DSC09659-1.jpg

DSC09660-1.jpg

『善一郎時代』は、保全の慣熟期と言われます。

天保一四年(1843)~嘉永元年(1848)ですが、水野忠邦による天保の改革による奢侈禁止令により規制があった為、実際に製作されたのは弘化二年(1845)~嘉永元年(1848)の三年間の間であったと推測されております。

この作品のこの時期の作品で、他の時期に比べて丁寧に時間と手間をかけられた優品です。

大変希少な作品が故に、値は張ってしまいますが、形状と祥瑞の上がり、大きさも併せて・・飽きの来ない作品でコレクターズアイテムとしておすすめです。



nice!(0)  コメント(0) 

名美アートフェア、準備完了です。 [催事]

久しぶりの、長距離運転は、、さすがに前より疲れるのが早かったです。まだ、本調子じゃない、です。^_^;

ということで、名古屋美術倶楽部でのアートフェアの準備が完了しました。

DSC_7798~01.jpg

今回は、新しいバージョンのブース設計をしました!

バーカウンタースタイルの変化球的な感じです。

対面接客ができ、なおかつ展示スペースを広く取れるのが特徴です。

DSC_7800~01.jpg

では、明日からの3日間、皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております!
nice!(0)  コメント(0) 

明日、27日のベース [BASE215]

本日はリハビリがてらの2週間ぶりのベースでした。歩く速さが落ちてますのと、やはりまだ重いものは運べません。早く治らなければ…(^-^;

明日は6月のベース最終日です。

現時点で…

午前10時半~ ご予約有

午後~ 一件、ご予約となっております。


ご来訪のお客様には、お立ち寄りの前にご一報頂けると幸いです。m(_ _)m

ご連絡先 090-8578-5732 迄宜しくお願い申し上げます。


nice!(0)  コメント(0) 

藤井香雲堂 夏ツアー発表。 [催事]

腹腔鏡手術入院から、無事戻ってまいりました。

まだ、お腹が傷み、体力等もまだ戻っておりませんが・・・仕事は待ってくれません。(^^;

明日・明後日は6月最期のベースです。

6月26日(火)10:00~17:00

  27日(水)10:00~16:00 ※搬出の為、1時間早くなっております。


先週末は、留守中にお越し頂きました皆様、誠に有難うございました。

新ベースでは初の父の留守番でした。

明日からは私が参りますが、まだ本調子でないところも御座いましたら、ご容赦下さいね。


さて、当店の2018 夏~秋ツアーのお知らせです。


[ダイヤ]2018年 6月29日(金)~7月1日(日) 名美アートフェア 2018

7回目の参加になる、名古屋美術倶楽部のブース催事です。


名古屋美術商協同組合に加盟する美術商が、個性溢れる展示で皆様をお迎えいたします。様々なジャンルの美術品を鑑賞し、安心して気軽にご購入いただける美術品展示販売フェアです。恒例となりましたチャリティー入札コーナーも引き続き開催いたします。(6月29・30日の2日間)
 皆様お誘い合わせのうえ、是非ご来場ください。

  

平成30年
 6月29日(金) 午前10時~午後6時
   30日(土) 午前10時~午後6時
 7月 1日(日) 午前10時~午後5時


名古屋美術倶楽部 全館
   名古屋市中区栄3-12-13
   電話 052-241-4356


入場無料です


特別講演

「美を求める心」

講 師  白洲 信哉 氏
      文筆家

日 時  7月1日(日)
      午後1時~午後2時30分

場 所  名古屋美術倶楽部 4階ホール


入場には整理券(無料)が必要です。
当日10時より1階ロビーにて配布いたします。
定員になり次第締切らせていただきます。



[ダイヤ]東美正札会

恒例の年2回の正札会です!


7月7日(土)・8日(日)

平成30年
7月7日(土)10:00?18:00
7月8日(日)10:00?17:00


event_img61.jpg


[ダイヤ]第1回大美正札会 @大阪美術倶楽部

今年、初開催となります!

8月24日(金)
  25日(土)



[ダイヤ]丸善書店 東京日本橋店 ギャラリー  はんなり骨董楽市

年に1度の催事です。またいつもと違って楽しいです。

8月29日(水)~9月5日(火)

[ダイヤ]近鉄百貨店上本町店 アートギャラリー 骨董祭り(仮名)

昨年で催事場が無くなった上本町近鉄の、新催事です。

9月19日(水)~25日(火)

[ダイヤ]蝸牛会  @名古屋美術倶楽部

数年ぶり、の茶会連動の催事です。お茶会も愉しい趣向なのでお勧めです。

10月2日(火)・3日(水)

[ダイヤ]横浜 眞葛ミュージアム アート縁日連動イベント

こちらも、数年ぶりに登場です。ミュージアム主催で、今回も盛りだくさんです。

当店も参加して、2日間どっぷり眞葛香山に浸れるイベントです!

詳細は追々発表となりますが・・・

10月6日(土)トークショー  

   7日(日)眞葛焼鑑定会


2018-06-25 (1).png

↑まずは、こちらが解禁となりました。 前回のような公開鑑定会になるかは、応募数によります。


[ダイヤ]東美アートフェア2018

やっと、参加権を得ました。初参加の大催事です!

満を持して、『香山式 KOZAN STYLE Ⅱ』やります。


10月12日(金)~14日(日)



まだ11月も続きますが、今回は夏~秋までのツアーのお知らせでした。


書いていて・・・既にどっと疲れてきました。(+_+)
nice!(0)  コメント(0) 

2018年6月18日の新入荷情報です。 [新入荷]

東京美術倶楽部の大会より帰りました。

新入荷情報を載せておきます。


♢永楽即全 乾山写雀茶碗 即中斎箱

 ふくら雀達がかわいいお茶碗です。 私のお稽古場の初釜では毎年登場するお茶碗で、なじみが 深いです。(^^;


♢加賀月華 紅葉呉器写茶碗  銘 龍田 板谷波山極箱 ※ご成約済

 また、いつか写真でのご紹介をしたいと思います。桑名の萬古焼の初代加賀月華は、板谷波山の 弟子でありました。


♢青木木米 七句茶碗

 有名な七句茶碗です。 3客直しがあります。 箱は合わせになります。


♢二代 眞葛香山 色染付荒磯画 花瓶

 高さ31㎝の大作です。当時は釉下彩のことを色染付とよんでおりました。
 ちょっと、値が張ってしまいました。。。(-.-)



さて、次のベースは22・23日になります。

私は本日より入院致しますもので・・・上記両日は、父がベースで留守番を致しております。

どうぞ、宜しくお願い申し上げます。



nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -