So-net無料ブログ作成

5月のベース、第三週目です。 [BASE215]

大阪~名古屋~京都と美術倶楽部三連チャン出張から帰りました!

色々と、良い出逢いの仕入れがありました。

茶道具中心では有りますが。今月はなんやかんやと、新入荷が充実しました。

今週末には、恒例の十翔会が控えておりますので、それに向けて…ということもありまして。


明日と明後日、今月最後のベースとなります。

勿論、新入荷商品は手入れ、をする時間の為にもベースに持参しております。

皆様のご来訪、心よりお待ち申し上げております。(^-^)

※22日(月) 13時より ご予約入っております。



nice!(0)  コメント(0) 

雨降り降り。。 [BASE215]

昨日に続いて、今日も大阪は雨がしとしと。。。

足元の悪い中、お客様がちょこちょことお越しいただいております。(^-^)

DSC_7322~01.jpg

初夏に合う作品を飾ってみました。

DSC_7323~01.jpg

堂本印象 緑雨晴収

市江鳳造 志野橋の絵茶碗 

川瀬忍 青磁無閑人蓋置

楽慶入 赤茶碗

藤田喬平 茶入

各務満 切子鉢(水指)


DSC_7325~01.jpg

杉本貞光 信楽蹲花入

加藤芳右衛門 赤織部平茶碗

横井米禽 萩写筆洗茶碗

亀井味楽 高取丸壷茶入

久世久宝 切子形蓋置

五代清水六兵衛 仁清写扇流茶碗


次は、5月16日~になります。

少し、営業時間に変更がございますのでお知らせいたします。

5月16日(水)10:00~17:00

5月17日(木)10:00~17:00 ※ご予約2件有

5月18日(金)当初、12:00からの営業予定でしたが、会議が入りましたので変則的な時間になります。誠に勝手ながらよろしくお願い致します。

※14:00過ぎ~17:00
nice!(1)  コメント(0) 

今月のベース。 [BASE215]

金沢ツアーから、無事に戻りました!

が…さすがの疲れで、翌日はろくに動けませんでした。^^;

向こうでは、極力睡眠時間など…いつも以上に取るように心がけていたのですけどね。(..)

GWは、隔日仕事が詰まっております。

どうせゆっくり出来ないなら!と、今年はGW中に…一日だけベース営業日を設けてみました[ぴかぴか(新しい)]

今月のベースは、毎ターンごとに新入荷をご紹介出来るようなスケジュールで組んでみました。(^^)

①5月4日(金・祝) 11時~17時 ※

②5月8日(火) 10時~17時

③5月16日(水) 10時~17時
17日(木) 10時~17時 ※16時よりご予約有
18日(金) 12時~17時 ※

④5月22日(火)10時~17時
23日(水)10時~16時 ※

※印の、日は時間にご注意下さいませ。


今月も、どうぞ宜しくお願い申し上げます[exclamation]
nice!(0)  コメント(0) 

2018年3月23日(金)のベース営業のお知らせです。 [BASE215]

今月のベースも、残すところ明日のみ、となりました。

明日の営業時間のお知らせです。


10:00~11:40

13:10~17:00

※正午前後、が不在となります。ご注意下さいませ。
nice!(1)  コメント(0) 

ひとけた、みつけた。風景です。 [BASE215]

ご来場出来ない方よりご要望がございましたので、現在のベース企画『ひとけた、みつけた。』の風景をアップ致します。

作家名と併せてごゆっくり、ご覧下さいませ。( ^^) _旦~~

DSC09124.JPG

和田桐山

DSC09136.JPG

加藤芳右衛門、長岡空権

DSC09129.JPG

鈴木表朔、加藤光右衛門、永樂即全


DSC09132.JPG

永樂和全、宮永東山、加藤春岱、坂尾歩山(珉平焼)、中里重利

DSC09133.JPG

大樋年雄(11代大樋長左衛門)、加藤利昇、永樂即全

DSC09134.JPG

初代香斎、辻石斎、橋本陶正山、前端春斎

DSC09135.JPG

清閑寺祥平、三浦竹泉、寒川栖豊、和田桐山



お問い合わせ先:fuii-01@xc4.so-net.ne.jp
090-8578-5732

まで、ご気軽にどうぞ。
nice!(0)  コメント(0) 

3月22日(木)のベース営業時間のお知らせです。 [BASE215]

誠に勝手ながら…

明日の正午頃に大美アートフェアの会議が入ってしまいまして…ベースの営業時間の変更がございます。


10時~12時


13時半~17時



要するに、12時~13時半が不在、となります。


ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。



nice!(0)  コメント(0) 

ひとけた、みつけた。開催中。 [BASE215]

一昨日から始まりました、ベースの企画展『ひとけた、みつけた。』

本日で3日目終了です。

DSC_6544~01.jpg

いつも、のマニアックさは…ございませんが、新めの出物でちょっといいものを、揃えました。

DSC_6545~01.jpg

残りの会期は…

15日(木)
16日(金)
22日(木)
23日(金)

の、四日間になります。

お使い戴ける『ひとけた』、是非みつけてください!
nice!(0)  コメント(0) 

※緊急※ ベース、営業時間変更のお知らせです! [BASE215]

急な、お知らせです。

明日から、3月のベース215 企画展 『ひとけた、みつけた 』のご予定でしたが…

本日、東京出張からの帰路に着く頃、新幹線が停電による運休からの、大幅な混乱に巻き込まれ…

DSC_6524~01~01.jpg

東京から戻れませんでした。^^;

明日のベース、午後からの営業となります。

また、企画用の商品も半分しか運び込んでおりません。

東京から、直接ベースに向かいますので、上記事情を何卒…ご了承頂けると幸いです。(__)


DSC_6525~01.jpg

神戸から、の東京出張…まさか2泊することになるとは…

今から、ホテルで下着を選択しますです…[あせあせ(飛び散る汗)]

nice!(0)  コメント(0) 

ベース215 3月のお知らせです。 [BASE215]

明日から、神戸と東京に出張ですので・・来週のご案内を。

今月のベースのおしらせです。



DSC08998-1.jpg

三上揚光堂 白漆菓子鉢 ¥50000  ※ご成約済です。

3月 12日(月)~16日(金)

22日(木)~23日(金)


営業時間 10:00~17:00※最終日は16時迄

企画展示 『ひとけた、みつけた。』


寒さもようやく和らぎ、春の兆しがみえました。

ベースも、ちょっと、ひといき。

今回は、お値段 “一桁万円” のモノで、追求してみました。

・・・要するに、10万円以下のもので、どこまで出来るか?!というのに挑戦です。


ごゆるりと、お立ち寄り頂きたく存じます。



nice!(1)  コメント(0) 

高橋皖山 堆黒手向山図香合 [BASE215]

週末は、久しぶりに連休を頂戴し・・・その後は、ベース期間中の夜も来週に迫ってきました大美アートフェアの準備を毎晩少しづつしておりましたら、すっかり1週間もブログ更新サボってしましました。(^^;

では、今日のご紹介です。


久しぶり、に漆芸王国・讃岐の作品が入りました!

『高橋皖山 堆黒手向山図香合』

DSC08973-1.jpg

明治末頃の作品になります。


明治40年頃に、衆議院議員田中定吉が『百花園』という讃岐漆芸のサロンを創設。様々な名工が集まり、技を競い合っておりました。

篁林堂の堂号をもつ、高橋皖山は百花園でリーダー格であった石井磬堂と彫りの双璧として評価されておりました。


DSC08974-1.jpg

紅葉の彫りです。

堆黒ですが、よく見ると・・青漆のようにも見える発色が、さらに上品さを醸し出しております。

玉楮象谷系の彫りと異なり、鼈甲細工職人の父に師事した高橋皖山の彫りは独自のもので、世間の人気を二分したと云われております。

DSC08975-1.jpg

当作品は江戸末期に讃岐漆芸の祖と言われる玉楮象谷の有名な作品に手向山香合があり、朱色と堆黒で作品が存在します。以前、当店でも堆黒の方は取り扱いました。

その玉楮象谷作を模して、さらに裏面に別の意匠を施すオリジナルな作品となっております。

この蝶も粋な作行きですね。

DSC08970-1.jpg

共箱 蓋 甲

DSC08971-1.jpg

共箱 蓋 裏

DSC08972-1.jpg

共布


DSC08976-1.jpg


右の部分は古今和歌集より、引用されております。

『このたびは ぬさもとりあへず たむけ山 紅葉の錦 神のまにまに』


この度は幣(ぬさ : 道中の安全を祈願する時に使う、布や紙などと小さく切ったもの)を用意することもできませんでしたが、手向山の(たむけ:旅をする時に道中の安全を祈願すること)
あの紅葉の錦を神様の心のままに幣としてください


「この度-この旅」が掛けられていて、「旅-幣-手向け」というつながりになっている。 "とりあへず" は、(幣を)取る(用意する)ことができなかったということです。

また、この歌の "神" は手向山の道祖神(=道中の安全を司る神)を指しているのでしょう。

この句の上の句、『このたびは』⇒『古能太飛盤』の文字が彫り出されております。

近年、讃岐彫り作品がどんどん希少になってきまして、価格が上がってる気が致します。

それは、明治期~大正初期の讃岐漆芸作品の持つ、高い技術力と当時のセンスが今なお、他に代えられない魅力を持ち続けていることに他なりません。

当作品は、大美アートフェアにて出品致します。

どうぞ、ご高覧下さいませ。


お問合せ先

メール fujii-01@xc4.so-net.ne.jp

お電話 090-8578-5732

まで、ご気軽にどうぞ。

nice!(0)  コメント(0) 
メッセージを送る