So-net無料ブログ作成
検索選択
WEB BASE(商品紹介) ブログトップ
前の10件 | -

四代清水六兵衛 萬暦升水指 碌々斎書付 即中斎甲書 [WEB BASE(商品紹介)]

先日ご紹介致しました香州のお茶碗に続き、表流お道具の良い作品が現在揃っております。

少しづつご紹介致します。



DSC07378-1.jpg

四代清水六兵衛 萬暦升水指 碌々斎書付 即中斎甲書


これは大変珍しいです。

碌々斎時代には、京焼として六兵衛にも書付道具の製作発注をしていました。

その中でも希少な作品です。



DSC07380-1.jpg


四代六兵衛の作品でもここまでのレベルの磁器作品はなかなか見受けられません。


DSC07381-1.jpg

「萬暦桝鉢」というのは、口縁に塗った鉄釉(口紅という)や文様の描き方より、明時代末期から清時代初期にかけて中国景徳鎮の民窯で焼成した五彩(赤絵)磁器のことです。。

日本では南京赤絵とも称されます。

17世紀の中国による茶道具の中でも上に位置するもので、近代になってからは国内では三浦竹泉や九谷の矢口永寿による写し作品がよくあります。


DSC07376-1.jpg


明治維新(1868)による社会の大きな変革の波は、茶の湯の世界にも及びました。

一部の武士と、上流の町人によって支持されていた茶の湯でしたが、徳川幕府の終わりとともに紀州徳川家への出仕も終わり、また一般の人々の茶道に対する興味も薄れ、茶の湯は衰退の道をたどったのです。
こうした状況のなか、11代碌々斎(1837-1910)は家元としての古格を保ちながら、茶の湯の復興に力を注ぎました。

やがて数寄者と呼ばれる政、財、官界の要人ら、新たな茶の湯の庇護者が登場し、茶の湯文化は活力を取り戻します。

DSC07385-1.jpg

塗蓋は飛来一閑製です。

DSC07377-1.jpg

箱書の甲には即中斎の書付が足されております。

DSC07379-1.jpg


過去に松下幸之助コレクションの萬暦赤絵の公開時に、世相をうまく紹介した文章がございましたので引用してみましょう。


「萬暦赤絵」とは、日本では安土桃山時代から江戸時代初期にあたる、中国明時代後期・萬暦年間(1573~1619)に世界的名窯である・景徳鎮の官窯で制作された赤絵磁器のことをいいます。

さかのぼって隆慶年間(1567~72)や嘉靖年間(1522~66)のものも同様の特徴をもつことから「萬暦赤絵」と呼ばれています。

萬暦年製のものは、赤、緑、そして青の鮮やかな色彩による文様の密度の高さが特徴的です。
また、その重厚で暖かく柔らかな雰囲気が日本人の心を捉えました。

茶の湯が始まった室町時代には、中国から宋代以降のやきものが入ってきていましたが、茶人たちが好んだのは「萬暦赤絵」を始めとする柔らかなやきものでした。そして明治時代になると「萬暦赤絵」が再評価されます。

とくに白樺派の同人たちはことのほか愛好し、たとえば志賀直哉は小説『万暦赤絵』を書き、梅原龍三郎は「萬暦赤絵」の花瓶をモチーフとして繰り返し描きました。また茶の湯を嗜む政財界人も「萬暦赤絵」を好んで所有しました。

このような時代背景の明治時代に特別にこのような茶道具が製作されたことがうかがえます。


永樂即全 青交趾菓子皿(土器皿) 十枚 [WEB BASE(商品紹介)]

次回も、交趾作品をご紹介致します、と申し上げておきながら・・・・日が空きました。(^^;


DSC07548.JPG

永樂即全 青交趾菓子皿(土器皿) 十枚

お料理屋さんにも、茶人さんにも人気の定番作品です。


DSC07549.JPG


各色の交趾で作品が存在しますが、これからの季節には爽やかでピッタリの『青交趾』です。


DSC07550.JPG


菓子皿ですが、大きさが充分ですのでお料理用にも重宝致します。


DSC07551.JPG


土器皿というのは、轆轤を使わずに手ひねりで形成していく皿のことです。


この揺らぎのある形状が、盛りつけられる食材とのなんともいえない調和を生み出します。

十枚揃うのも嬉しいところであります!




十六代 永楽善五郎(即全)

1917年(大正6)~1998年(平成10)

昭和9年、千家十職 永楽家の十六代善五郎を襲名。

永年に渡り、千家十職の茶碗師として活躍しました。 食の器では妙全に次いで作品が多く存在致します。


森香州 虫明焼茄子瓜ノ画平茶碗 惺斎書付 [WEB BASE(商品紹介)]

1年半ぶりに香州作品が入りました。


DSC07352-1.jpg


森香州 虫明焼茄子瓜ノ画平茶碗 惺斎書付


この茶碗は香州の代表的な作品のひとつです。

虫明焼の伝説となっている、12か月茶碗の一つに入っております。

虫明特有の色合いに鉄絵で茄子と瓜が描かれております。

12ヵ月茶碗を香州が研究の為に借り受けた際、1碗を割ってしまい・・・香州が製作して補ったという話が遺されております。

なんてことを、と思いましたが、その際にきちんとデザインや形状・サイズ等を遺したので、幻の本歌を見ることが出来ない後世の虫明作家方が”写し”を制作して現在に知られることになったのは素晴らしいことです。

DSC07353-1.jpg


DSC07354-1.jpg


香州の”むしあけ”印です。 


DSC07351-1.jpg

惺斎の書付があります。


香州はその名前からもわかりますように、近代虫明の祖であります香山の愛弟子でありました。

その技術力の高さと裏腹に、経営面では不器用だったようで・・・かなり苦難の人生を送られたようです。

何度か横浜の眞葛窯へ身を寄せていました。

軽井沢の三笠焼には香山の命を受けて職長として赴いたりもしております。

昨年の岡山県立美術館での初代香山没後100年展観に於きましては、香州作品も優品が多数展示されておりました。

作品は、近年では出物がかなり少なくなり、地元の虫明焼愛好家の間はもちろん、茶人の中でも評価が高まりつつあります。



森香州

1855-1921

伊木氏より父が窯を譲り受け、明治元年に初代眞葛香山に師事、その後何度も窯の再興を繰り返し明治32年に廃
窯となるが、虫明焼特有の味を出した有名な作品を数多く生み出した虫明焼中興の祖である。
香山の信任も厚く、香の字を受け継ぐ。




永楽妙全 黄交趾梅形向付 十客 [WEB BASE(商品紹介)]

永楽家の交趾作品のご紹介です。

交趾写しは事実上の永楽の初代であります了全から存在します。

保全辺りの色合いがなかなか秀逸なのですが、今回ご紹介致します妙全の黄交趾もなかなかそれに迫る色合いです。

DSC07552.JPG

永楽妙全 黄交趾梅形向付 十客


DSC07553.JPG

並ぶと壮観ですね。

DSC07556.JPG


梅の形状を盛り付ける食材の邪魔をしない程度に意匠化されております。

DSC07557.JPG


側面から。

DSC07558.JPG


上面から。


DSC07559.JPG


DSC07560.JPG

下方から。


共箱 無傷完品です。 大正時代の作品です。


次回も永楽の交趾写し作品のご紹介になります。








加藤周兵衛 新瀬戸染付 鉢 [WEB BASE(商品紹介)]

マニアックな、瀬戸染付作品が入りました。

幕末明治の瀬戸染付といえば、加藤五助や川本半助がすぐ浮かびますが、まだまだ名工が隠れております。

今日は、そんな『加藤周兵衛』という陶工の作品をご紹介致しましょう。


DSC07568.JPG


作品は明治期ですが、この頃にはすっかり瀬戸染付(初期の民吉頃のと区別する為、新瀬戸染付といいます)も技術が進化と安定しています。

DSC07570.JPG

手慣れた感じですね。


加藤周兵衛

嘉永5年に分家し、白雲堂と号し、染付焼に転業しました。

明治初年に、瀬戸窯元取締役になり、明治5年にオーストラリア大博覧会に出品。

青花磁製造方取締役や愛知県観行委員などを命じられ、業界を代表する一人として活躍しました。

明治33年没


DSC07571.JPG

底の書き銘は『白雲堂』です。


上品な仕上がりが目に付きまして、今回の入荷となりました。

こういう作品なのに、お安いのです。。。

※ご成約済

永楽妙全 祥瑞赤絵中皿 二十枚 [WEB BASE(商品紹介)]

金沢美術倶楽部で開催されました、正札会”若筍会”へご来場頂きました皆様、誠に有難うございました!

この度もよいご縁を頂戴致しました。

全体としても近年最高出来高だったようで、なんとも盛況でございました。

次は11月に金美特別展がございます。こちらはブース催事ですのでまた別の面白さが御座いますので、是非その節も宜しくお願い申し上げます。



さて、金沢出張から戻りまして、1・2日は仕事に追われ・・・なんとかやっつけることが出来まして

3〜5日は0泊3日という弾丸宮崎旅行へ行って参りました。

夕方からフェリーで出て、朝に到着し、その日の夕方にフェリーで帰る、というやつです。

時化もあり、船酔いというものに初めて悩まされつつも、なんとかプチ家族旅行してまいりました。

さて、気を引き締めなおして・・明日から仕事スタート!です。


では、商品紹介から。


永楽妙全 祥瑞赤絵中皿 二十枚


DSC07085.JPG


本歌も古赤絵で、このような形状と意匠があります。

六角の角ごとに少し輪花のような切込みが意匠を単調さから解き放っております。

DSC07086.JPG


側面で絞込みを入れ、手が入るようにし、お皿を取りやすく工夫してあります。

DSC07087.JPG

幅は14cmです。


なんと、この作品は”20枚組”です。 以前同じモノの10枚組は扱ったことございますが、20枚とうのはなかなか出会えません。

なのに、お値段としてはほぼ同じ位でのご提供になります!

お料理、デザート、主菓子など様々な用途が出来ます。


【二十枚無傷 共箱 大正時代】





永樂妙全(えいらくみょうぜん、1852年 - 1927年10月1日)

千家十職。焼物師。永楽家十四代。得全の妻悠。

夫の得全の死後、次代の正全と共に家業を守る。

三井高棟翁より「妙全」を賜わる。

歴代の中でも一番食器を制作した代で、注文品なども多く・・・10客揃いや20客揃いのお料理屋さんなどに使える永楽作品は妙全のみと云えます。


初代井高帰山 面取茶入 [WEB BASE(商品紹介)]

今回ご紹介致しますのは、当店では初の取り扱い作家です。

初代井高帰山 面取茶入


DSC06988.JPG


とはいえ、井高帰山・・・実は前から非常に馴染み深い名前だったりします。

初代帰山は初代宮川香山の愛弟子であり、香山の命で軽井沢ホテルでの山本家の御庭窯として知られる『三笠窯』を任されていたという経歴があります。


m_DSC00036-7d5e0.jpg


井高帰山(いだかきざん 1881 ( 明治14 )~ 1967 ( 昭和42 )87歳没)


井高は、香山の「秘蔵弟子」の一人でした。

井高は兵庫県の出身で、明治32年、淡路島の津名郡立陶器学校を卒業、兵庫県出石陶磁器試験所で技師をしていましたが、真っ白な白高麗をやくことができる腕をもっており、明治36年8月頃、香山に引き抜かれる形で門人になったと言われています。

その後、香山から香の字を取って井高高渓と名乗ります。

では、話を戻しましょう。


帰山の初代作品はかなり伝世品は珍しく、中でも茶陶となるとなかなか見つかりません。


DSC06988.JPG


面取りを使ってモダンな意匠に仕上げてます。


DSC06989.JPG

小さ目でありますが、口径は大きく茶杓の入りもスムースです。

DSC06990.JPG

上質な仕覆と共箱が添います。

愉しめそうな作品です。

では、帰山の経歴をご紹介しましょう。



1903(明治36)年8月、出石陶磁器試験所を辞し、工学細木松之介(京大教授)、友田安清の紹介により横浜市の真葛焼改良法を研究。白磁の法を横浜に伝えると共に、窯元宮川香山より、染付、青磁、その他を修行。白高麗を「加賀の白魚」と称賛された。
11月より、真葛で受賞作品などを制作 明治38年まで。

1905(明治38)年5月、宮川香山の紹介をもって、浅間の信州軽井沢製造所(三笠焼窯元)に聘される。

1914(大正3)年4月、マット釉の研究を始める。白盛りの法を真葛の坂田氏より聞く。

   (大正5年 初代香山没)

1920(大正9)年  この頃より帰山と号す。以後、二代宮川香山らとの関係の東陶会をのぞき、美          術団体とは関係をもたず、制作と個展発表とに集中した活動を行う。

1921(大正10)年 軽井沢三笠ホテルに於いて、三笠焼の再興を引き受け、同時に浅間焼と改名。

1927(昭和2)年 この年、板谷波山、二代香山、沼田一雅を顧問に東京、巻頭在住の陶芸作家を中         心にした「東陶会」の結成に参加。

   (昭和16年 二代香山没)

   (昭和20年 三代香山没)

1959(昭和34)年 7月7日 真葛宮川智之助逝去のため葬儀に参列 (注 智之助は三代香山の弟               で、四代を名乗り真葛窯の復興に努めていた) 



二代帰山は、初代帰山について次のように語っています。

「青磁・染付等の研究の成果が一応得られたのは、三笠焼で香山の指導を得てからと言う事か。

この頃になると自力の青磁制作となる。

香山から得た青磁は、幸せな事に中国の青磁として一番貴ばれる北宋風だった。

帰山が金沢から上京したのはこうしたものが自由に造りたかったからだと思う。」


井高帰山の息子、二代帰山は次のように語っています。

「父帰山は、(中略)次のようなことは話していた。香山翁は芸術上のことのほか、仕事や日常の規律のようなものには到って厳しく、徒弟たちは翁をあだ名して「もーりん(巡査のこと)」とか「ジャンジャン」とかの呼称を口にした。「ほーれ「もーりん」が来なはった。」などと告げ合った。翁は、仕事が思うに任せなかったり、督励をしたりするとき、下げた両手を握って尻を叩きながら、注意やら励ましやらを、京都弁でちょっと押し出すような調子でして巡ったそうである。一方徒弟の可愛がりかたは無類で、親許、親類をはなれ故郷を遠く隔てた者たちには、時には親に時には神仏に見えた事もあるだろう。割合と待遇も良く、決してよそに気を反らせるようにしなかった。」
(二代井高帰山 「香山先生のことなど」 読売新聞社 宮川香山展 図録 )

また、インタビューで「初代帰山さんから、真葛香山のお人柄とかお聞きになっていますか。」と尋ねられた際、次のようにも語っています。

「 四六時中聞かされました。特に香山先生が言われたことは、何か焼きものを頼まれたときに「これは俺の所ではできない」というものがあってはいけない。 辰砂(しんしゃ)でも、青磁でも染付でも、下絵の色入のようなものでも、信楽、丹波、備前、九谷、例えば色絵のものとかを注文してきても最高のものをつくりなさい。

(中略)大手のスーパーでも、つぶれないようにするにはニーズを考えますね。ニーズがなければいけない、と香山先生は言われる。今の時代に ぴったりしている。だからすべてやる。しかも、一流のものに仕上げなければいけない。そういうことを言われたそうです。 」
(有隣 第403号より)


香山との深い繋がり、そして素晴らしい技術を会得していた初代帰山。

私にとっても非常に親しみ深い作家さんであるわけです。(^.^)


御値頃な価格です。









四代清風与平 碧涛璘釉花瓶 [WEB BASE(商品紹介)]

四代清風与平の珍しい作品です。

DSC06998.JPG

碧涛璘釉花瓶

へきとうりんゆう かびん

青い波のような玉色の釉薬でしょうか。

染付が主の初代・二代に対して、三代と四代は多種の釉薬を新開発し、自由に発色させることが出来ました。

DSC07000.JPG

その中でもこの釉薬はかなり珍しいものです。

深みのあるだけでなく、品のある輝きを感じます。

DSC06999.JPG

サイズも大き目で、展観用などの特別作品と思われます。

DSC07002.JPG

彫り銘

DSC07003.JPG


四代清風与平(1871~1951)

号 梅渓、成山。

三代清風与平の次男で、父に陶技を、田能村小斎に絵を学びました。

釉下彩や単色釉の秘儀を受け継ぎ父に劣らない作品を多数製作。その上で碧珀釉等、新しい釉薬を用い

て独自の技法を極めました。

昭和26年歿80才。





眞葛長造 仁清信楽写 泊舟香合 鵬雲斎書付 [WEB BASE(商品紹介)]

眞葛長造

寛政9年(1797)~万延元年(1860)

当店では香山はもちろん、出来うる範囲でその父であります長造作品も取り扱っております。

今回ご紹介するのは、長造の大変珍しい香合です。


DSC07034.JPG


長造は江戸時代の後期に、京焼の祖ともいうべき野々村仁清と尾形乾山の精神的・技術的後継者ともいえる名工です。

そのストイックに伝統的なものを取り込みつつ大胆に新しいものを包括する作風は、息子である初代眞葛香山にも受け継がれていると常々思っております。

今回の作品は、仁清の中でも渋いシリーズになる仁清信楽の写しです。

DSC07035.JPG


長造の香合は薄造りで、内側を削り込むものが仁清写では特徴的ですが、このようなザクッとした造りではまた別の味わいで勝負しています。

DSC07036.JPG

この迷いなく造形したものに、わずかに釉薬を使い仕上げて粗野なようで繊細な香合に仕上げてます。

印は代表的な”真葛”印です。

DSC07032.JPG

DSC07033.JPG

共箱は珍しい最晩年の自筆タイプです。こちらも流通は少ないものです。


DSC07030.JPG

DSC07031.JPG

五代香斎の極め外箱と鵬雲斎の書付もございます。


長造は、若くして青木木米に師事し、その後東山真葛ヶ原の一角(今の円山公園南側)で窯を築き、作陶を始めました。その窯の場所から、観勝寺安井門跡より「真葛」の号を賜り、晩年「香山」と名乗り、後に長兵衛家が華頂宮博経親王(1851~1876)より「香山」の号を頂きました。

素地土には東山の白土、伏見大亀谷の赤土や信楽の小石混じりの土、出石の磁器土などを使っております。代表的な信楽の土に薄いブルーの釉薬のお茶碗、そしてこのような仁清信楽手では信楽の土を使用していると思われます。

かつて公開された長造の展観などでは類品が一切公開されておらず、大変希少な長造作品となります。


「泊舟」と書いて”はくしゅう”と読みます。 茶会ではとまりぶね、とまぶねとも聞きますが・・。

文字通り、岸に停泊している舟のことです。

舟というのは色んな表現が浮かびます。

大いなる夢へ向かうもの。

新しい門出。

桜や紅葉の時期の舟遊び。


泊舟としては・・長い人生の中で一休み、また節目の区切りの時。


色々とお見立て下さいませ。

三代清風与平 青華笹の図 盃 [WEB BASE(商品紹介)]

続いて、三代清風与平の作品をご紹介します。

DSC07017.JPG

三代清風は眞葛香山と並んで釉下彩の名手でした。

このような小品にもその技術が使われております。

DSC07018.JPG


元々青色しかなかった日本の磁器ですが、他の色を入れられるようになりました。


DSC07019.JPG

なにげないところが、上品です。




前の10件 | - WEB BASE(商品紹介) ブログトップ
メッセージを送る