So-net無料ブログ作成
検索選択
WEB BASE(商品紹介) ブログトップ
前の10件 | -

永楽和全 蔦絵様茶碗 [WEB BASE(商品紹介)]

御室窯時代は仁清を意識した作風での佳品が産まれました。

DSC07674.JPG

和全の色絵作品は貴重な出物です。

DSC07672.JPG

近年永楽作品のかっちりした絵付けと対局な、はんなりした絵付けです。


DSC07675.JPG

裏面です。 轆轤の綺麗な挽きが見て取れます。


DSC07676.JPG

見込みから。

DSC07677.JPG

高台回り。

DSC07678.JPG




共箱で、『津多絵様 茶碗』となっております。

蔦絵様、ということです。

幕末期の絵付け茶碗はなかなか得られないもので、色絵和全作品はかなりの高値で安定しておりますが・・・なんとか、ギリギリの線で手に入りました。(^^;


永楽和全

幕末-明治時代の陶工。

文政6年(1823)生~明治29年(1896)5月6日死去。74歳。

明治4年に永楽性に改正したのも和全による。


第1期

嘉永5年(1852)、野々村仁清ゆかりの御室仁和寺門前仁清窯跡に登り窯をひらいた。この土地は義弟宗三郎の所有地で、和全の作陶にはこの義弟の協力が大きかったと言われる。この時期を御室窯時代という。

第2期

慶応2年(1866)から明治3年(1870)、加賀の山代に五年間滞在して近代九谷の発展に尽力し、この時期を九谷窯時代と呼ぶ。

第3期

明治5年、三河の豪商鈴木氏の求めで岡崎に移り、甲山で窯を開いた。明治維新によって時代が変わり、西洋的な金襴手と色絵の懐石製高級食器(コーヒー碗やスープ皿)や赤絵染付も手がけ、神社仏閣での献茶や大寄せ茶会の為の華やかな茶道具も作り出し、永楽家の様式を確立した。この時期を岡崎窯時代と呼ぶ。

第4期

明治15年(1882)、高台寺の菊渓川のほとりに居を構え、作陶。菊谷窯時代と呼ぶ。この時期の作品は粗い胎土に薄く透明釉をかけて簡略な絵付けをした民芸風の雅味のあるものが多い。また、菊谷の繭印が使用され、特に菊谷焼と呼ばれている。

永楽和全 御室初窯 手桶水指 共箱・当代極箱 [WEB BASE(商品紹介)]

『求めよ、さらば与えられん』

という言葉がありますが・・・ここ2ケ月、いえ1ケ月の間にこれまで扱いたいと思ってたものがえらい勢いで入ってきてます。

さすがに、このペースだと困ります。(^^;

なので、どしどしご紹介を続けます。


DSC07752.JPG

永楽和全 御室初窯 手桶水指 共箱・当代極箱


和全の珍しい作品です。

仁清風の、造形的な手桶で・・・よく見るとなかなかの造り込みです。

DSC07753.JPG

見事なものです。

DSC07754.JPG

この作品は和全の作品の中でも特に稀少かつ出来のいい御室窯時代です。

義弟宗三郎の所有地に新しく窯を築いたところ、仁清印のある陶片が大量に出土したことから野々村仁清の窯跡地であったと判明したということです。

しかし、永楽が初めて自前の本窯を開くということ、仁清以来衰退していた御室窯の復興、仁阿寺の御用窯としての需要など様々な目論見から、計画的な立地であると考えられております。

DSC07755.JPG

この作品は御室窯の初窯にて焼かれた作品です。

共箱と作品に初窯の印がございます。

DSC07756.JPG

初窯は嘉永六年(1853年)の仲秋(陰暦8月)でその当初よりレベルの高い作品が製作されておりました。

伝世では、初窯では磁器作品が多くこのように陶器でしかも手の込んだ物は後の作品も含めて稀少な佳品であると思われます。

DSC07757.JPG

形状に合わせて凝った塗蓋(掻き合わせ塗)が沿っております。

DSC07758.JPG

共箱と2重箱として当代の極め箱がございます。


御室窯が明治3年(1870年)まで続きました。


次回も御室窯時代の和全作品の御紹介です。

初代平澤九朗 瀬戸一重口水指 [WEB BASE(商品紹介)]

一年半ぶりの九朗瀬戸一重口水指の入荷です。

平沢九朗 (1772-1840) 江戸時代後期の武士,作陶家。

安永元年生まれ。尾張藩士。茶道をたしなみ,余暇に古陶器を模して茶器をつくる。

作品には独特の趣があり,九朗焼といわれ、また、尾張徳川家の御庭焼にも参画し腕を奮った。

天保(てんぽう)11年6月23日死去。69歳。名は一貞。通称は清九朗。別号に今昔庵。


尾張藩士の余技作家の中では一番有名です。

DSC07802.JPG

今回のも”上がり”が良いです。

DSC07803.JPG

反対側より。

DSC07804.JPG

底面

DSC07806.JPG

口より。

DSC07805.JPG

丸で囲んだ部分に2カ所?ほどの小さい修復があります。あくまで外の表面だけですので釉薬剥離の治しかと思われます。

DSC07808.JPG

DSC07809.JPG

このような時代箱に入っておりました。



口径16㎝

高さ15cm


横井米禽 黒織部鶴亀之絵茶碗 清風庵旧蔵 [WEB BASE(商品紹介)]


横井米禽 黒織部鶴亀之絵茶碗 清風庵旧蔵


DSC07798.JPG

横井米禽は、古美術商を本業としつつも・・研究・研鑽を重ね、古作の写し作家として数々の名作を生み出しました。

大正13年に廃窯となるところだった、東雲焼の窯を譲り受けてさらに作陶に励みます。

元来、良い物の実物に触れておりますので目は超えてる上に、独自の感性があるもので・・写しに見受けられる、カチッとし過ぎる感じがありません。

朝鮮系のものから伊賀などの和物に安南まで幅広く手がけ、なりよりどれも実にお茶に適っているの

で茶席で取り合わせるに重宝し、現在でも人気があります。 昭和16年没。56歳。



DSC07797.JPG

清風庵は水谷清石の庵号です。 昭和初期には名古屋美術倶楽部にて蔵の売り立ても行われた記録があります。

DSC07799.JPG

中に、亀が居ます。

DSC07800.JPG


DSC07801.JPG

丁寧な共箱ですね。

米禽は東雲窯を譲り受けて制作しておりました。この作品は東雲窯という名称を箱に書いておりますことから、初期作品と思われます。


口径 11〜11.8㎝

高さ 8.8㎝


岩木裕軒 八千代棚    昭和8年 淡々斎好み  [WEB BASE(商品紹介)]

珍しい出物です。


DSC07714-1.jpg

淡々斎好みの八千代棚です。 お稽古用はともかく・・・書付の八千代棚は、淡々斎当時に一定数が出たのみで、後年は作られておらず、一緒に好まれた渦の水指は三代の蘇山に代替わりしても製作されておりますが、肝心の八千代棚は・・・まず、見つけられません。

稀にあったとしても、ひどいシミがあるのが通常です。

この八千代棚の蓋裏は薄いシミはあるものの、概ね綺麗に伝世しております。

DSC07713-1.jpg



八千代棚は、桐材紅溜塗の四方箱で、倹飩(けんどん)の前戸は鳥の子張りに金砂子が霞に撒いてあり、縁は桐木地、銀の七宝座の摘みが付き、箱の両側の上部に七宝透しがある箪笥です。

八千代棚は、が好んだ棚で 利休好みの旅箪笥をもとにして好まれたものです。

本歌には淡々斎の嘉代子夫人の筆で『古今和歌集』の「我が君は 千代に八千代に さざれ石の 巌となりて 苔のむすまで」の小色紙が張ってあることろからこの名があります。

側面の七宝透しの内側に桐木地の板が嵌っていて、これを引き出して芝点を行う場合に用いることもします。

炉・風炉ともに用います。

※ご成約済

九代大樋長左衛門 黒平茶碗 ”涼風” 鵬雲斎書付 [WEB BASE(商品紹介)]

明日からは年2回恒例の十翔会です。

準備でちょっと時間と集中力を使い果たしましたので・・・本日は、特にご説明の不用の作品をご紹介致します。(^^;


DSC07663.JPG

九代大樋長左衛門 黒平茶碗 ”涼風” 鵬雲斎書付


これからの、季節にぴったりの平茶碗です。


DSC07661.JPG

鵬雲斎の書付で、銘は『涼風』です。

側面は九代大樋の代表的な特徴であります、幕釉が綺麗に出ております。

平、といっても主茶碗用に造られており、形状は楽で見られるように側面が立ててあり風格があります。

DSC07664.JPG

九代大樋の晩年作で、『長左衛門印』になります。

お値段もほどほどで、おすすめです。

※ご成約済です。

狩野永岳 富士峰図 大綱和尚賛 狩野永信極箱 [WEB BASE(商品紹介)]

ちょっと、珍しいお軸のご紹介です。

DSC07679.JPG

狩野永岳 富士峰図 大綱和尚賛 狩野永信極箱


大綱宗彦 (だいこう そうげん)

安永元年(1772)~安政7年(1860)

大徳寺435世。大徳寺塔頭黄梅院第14世住職

裏千家十一代玄々斎宗室・表千家十代吸江斎宗左・武者小路千家七代以心斎宗守と親交が深く、また永楽保全の参禅の師です。

和歌、茶の湯を能くし、書画に優れました。

さて、作品に戻ります。

DSC07680.JPG


雄大な富士の絵が描かれております。

幕末の画家であります、狩野永岳の筆になります。

少し、略歴を引用してみましょう。

父は京狩野の絵師・影山洞玉(後の狩野永章)、弟は狩野永泰で、その子が冷泉為恭。早くに才能を見いだされ京狩野8代・狩野永俊の養子となり、文化13年(1816年)永俊が没すると27歳で家督を継いだ。

初代・狩野山楽の末裔であることを誇りとし、箱書きや落款に「山楽九世孫」としたためている。山楽や二代・山雪の画を熱心に学び、特に30代までは桃山時代の巨木表現に範を取った復古的画風を基本とした。

その上で、当時京都で人気を博していた四条派の画風を積極的にとり入れている。この他にも江戸中期に来日した沈南蘋の流れを汲む長崎派や、谷文晁によって広まった北宗画や文人画、宗達・光琳の装飾的な琳派、甥にあたる冷泉為恭から復古大和絵を直接学んだ。このように様々な画風を貪欲に吸収し自家薬籠中の物とした。

京狩野家は代々九条家と関係が深く、永岳33歳の時、画を好む九条尚忠の家来となった。嘉永6年(1853年)、尚忠が左大臣の公務で江戸に下ったとき、これに同行し富士山を実見し「富士百幅」を描いている。

DSC07682.JPG

この作品も、まさに大和絵調の富士山です!



永岳の代になって京狩野は紀州徳川家と彦根井伊家の御用絵師も務めるようになった。井伊家の菩堤寺である清凉寺に伝わる井伊直弼の肖像画は永岳が画いたとされる。

57歳にして禁裏(朝廷)御絵師御次席となってから落款に「金門画史」・「金門画院第一史」と記すこともあった。66歳のとき禁裏の安政度造営が行われ多くの障壁画の制作にあたっている。
臨済宗妙心寺には永岳の作品が多く残り、とりわけ隣華院客殿障壁画は永岳の代表作といえる。同じく臨済宗大徳寺にも頂相など多数の作品が残されている。東本願寺にも大障壁画を手掛けたがのちに焼失した。本願寺を通じて地方の別院にも永岳の作品が多数見られる。

この他にも永岳は多くパトロンをもち、京都はいうに及ばず長浜や飛騨高山にも足を伸ばし、富商や富農の求めに応じて絵を画いた。

禁裏の御用絵師とはいえ、永岳が家督を継いだ頃の京狩野派は、土佐派や鶴沢派の後塵を拝し不遇な立場にあった。なおかつ江戸後期には伝統的な画派は勢力を弱め、特色を持った新興の画派が台頭していた。永岳は生き残りを掛け京狩野の伝統を革新させ、特色を打ち出すことに成功する。長寿であったことも幸いして京都画壇では重鎮として扱われた。慶応3年(1867)歿、78才。

門弟に同じく養子で岡山に多くの作品が残る狩野永朝や、長野祐親などがいる。そのほかに岩国吉川家御用絵師の佐藤丹治、土佐藩の河田小龍、京焼の永楽保全なども永岳に画を習ったという。


このように、大綱和尚も永岳も、共に永楽保全と親交があったことが解ります。

では、肝心の大綱和尚の歌を・・・

DSC07681.JPG


月花も 及ばぬ物は 阿津万路に(東路に)

  阿おくも(仰ぐも)高き婦し(富士)の白ゆき




これは、大綱和尚自身による歌です。



永岳も大綱も京都より遥か遠くの江戸へ旅した(東路)体験を各々表現した合作です。

今と違って、京都から江戸というのは行けそうでなかなか行けない遠い地です。また、西の都人にとって富士山を実際に見る機会は人生に一度有るか無いかという出来事です。

現代人にとっても富士山は知っているようで、飛行機や自動車・新幹線から見ることはあっても、実際に登ることは一生にあるかないかというのは変わりません。

このお軸は、人生における光陰矢の如しの儚い時の流れ、そして忘れへぬ想い出や機会を大切にすることを観る人に問いかけているともいえるでしょう。

DSC07683.JPG

DSC07684.JPG

箱は狩野永岳の養子であり、10代を継承した永信による極めになります。



井上東也 唐津茶碗 [WEB BASE(商品紹介)]

先日の入荷リストへのお問い合わせが御座いましたので、画像をご紹介致します。

井上東也 唐津茶碗です。

DSC07692.JPG

幅 13㎝ 高さ 7.3㎝

DSC07693.JPG


DSC07694.JPG

当店では、普段取り扱うことが無い作家さんかもしれませんね。(^^;

しかしながら、唐津焼作家としては近年人気が高く、太郎右衛門や重利よりも一般的に高評価の向きがございます。

DSC07691.JPG


個展でお求めのお客様からの出物です。


九代白井半七 絵変り銘々皿 10枚組 [WEB BASE(商品紹介)]

半七作品のご紹介です。

定番で人気の絵変り銘々皿です。5枚づつの画像でご覧くださいませ。


DSC07561.JPG

DSC07562.JPG

上から。

DSC07564.JPG

裏面です。


DSC07565.JPG

DSC07566.JPG

上からです。

DSC07567.JPG

裏面です。

ほぼ未使用の出物です。お客様よりお預かり致しました!

※ご成約済です。


9代半七  1928(昭和3)年~1987(昭和62)年

8代の様式を受け継ぎ、より洗練された作風に昇華させる。

1980(昭和55)年に兵庫県三田市大原に移窯しました。

吉兆の湯木貞一氏と親交が深く、食の器などを多く製作。

四代清水六兵衛 萬暦升水指 碌々斎書付 即中斎甲書 [WEB BASE(商品紹介)]

先日ご紹介致しました香州のお茶碗に続き、表流お道具の良い作品が現在揃っております。

少しづつご紹介致します。



DSC07378-1.jpg

四代清水六兵衛 萬暦升水指 碌々斎書付 即中斎甲書


これは大変珍しいです。

碌々斎時代には、京焼として六兵衛にも書付道具の製作発注をしていました。

その中でも希少な作品です。



DSC07380-1.jpg


四代六兵衛の作品でもここまでのレベルの磁器作品はなかなか見受けられません。


DSC07381-1.jpg

「萬暦桝鉢」というのは、口縁に塗った鉄釉(口紅という)や文様の描き方より、明時代末期から清時代初期にかけて中国景徳鎮の民窯で焼成した五彩(赤絵)磁器のことです。。

日本では南京赤絵とも称されます。

17世紀の中国による茶道具の中でも上に位置するもので、近代になってからは国内では三浦竹泉や九谷の矢口永寿による写し作品がよくあります。


DSC07376-1.jpg


明治維新(1868)による社会の大きな変革の波は、茶の湯の世界にも及びました。

一部の武士と、上流の町人によって支持されていた茶の湯でしたが、徳川幕府の終わりとともに紀州徳川家への出仕も終わり、また一般の人々の茶道に対する興味も薄れ、茶の湯は衰退の道をたどったのです。
こうした状況のなか、11代碌々斎(1837-1910)は家元としての古格を保ちながら、茶の湯の復興に力を注ぎました。

やがて数寄者と呼ばれる政、財、官界の要人ら、新たな茶の湯の庇護者が登場し、茶の湯文化は活力を取り戻します。

DSC07385-1.jpg

塗蓋は飛来一閑製です。

DSC07377-1.jpg

箱書の甲には即中斎の書付が足されております。

DSC07379-1.jpg


過去に松下幸之助コレクションの萬暦赤絵の公開時に、世相をうまく紹介した文章がございましたので引用してみましょう。


「萬暦赤絵」とは、日本では安土桃山時代から江戸時代初期にあたる、中国明時代後期・萬暦年間(1573~1619)に世界的名窯である・景徳鎮の官窯で制作された赤絵磁器のことをいいます。

さかのぼって隆慶年間(1567~72)や嘉靖年間(1522~66)のものも同様の特徴をもつことから「萬暦赤絵」と呼ばれています。

萬暦年製のものは、赤、緑、そして青の鮮やかな色彩による文様の密度の高さが特徴的です。
また、その重厚で暖かく柔らかな雰囲気が日本人の心を捉えました。

茶の湯が始まった室町時代には、中国から宋代以降のやきものが入ってきていましたが、茶人たちが好んだのは「萬暦赤絵」を始めとする柔らかなやきものでした。そして明治時代になると「萬暦赤絵」が再評価されます。

とくに白樺派の同人たちはことのほか愛好し、たとえば志賀直哉は小説『万暦赤絵』を書き、梅原龍三郎は「萬暦赤絵」の花瓶をモチーフとして繰り返し描きました。また茶の湯を嗜む政財界人も「萬暦赤絵」を好んで所有しました。

このような時代背景の明治時代に特別にこのような茶道具が製作されたことがうかがえます。


前の10件 | - WEB BASE(商品紹介) ブログトップ
メッセージを送る