So-net無料ブログ作成

矢口永寿 模仁清双菊花形向付 [食器]

懐石の器のご紹介です。

今回のベースDMにも掲載されております。


DSC02599.JPG


近代九谷焼茶陶作家のツートップの片方であります永寿作品です。

金沢には有名な野々村仁清の雉香炉があります。

九谷焼といえば・・・・古九谷の写しや磁器ものが連想されますが、仁清写作品の佳品も茶道具では多数遺されております。

京焼の仁清写しとは違い、あくまで野々村仁清の本歌の通りに移すのが特徴だと感じております。

水指、茶椀でよく本歌そっくりの佳品を見受けられます。

当作品も仁清作品の繊細で洒落たフォルムをあますことなく再現してます。

DSC02601.JPG


裏面から。

造形的に二つの菊を重ねてそのうねりは見る物を魅了いたします。

菊の花の中心である花弁の部分が永寿の”印”になってるのも洒落てます。

10客 無傷 完品 共箱です。

お茶事に、お料理屋さまのおもてなしに、そして一般の方もテーブルウェアとして活かして頂きたい作品です。
















<参考資料>

初代矢口永寿 明治3年~昭和27年(1870~1952)


山中で代々湯宿を営む家に生まれる。本名岩吉。生来の器用人で書画骨董に通じ、料理も巧みであったが青年時代に湯宿をやめ、関西へ出る。帰郷後、黒谷焼という楽焼を始める。明治37年(1904)、京都永樂家の高弟初代滝口加全をむかえ、京風の陶磁器を製陶する窯を築く。自らは永寿と号した。また明治39年、清水六兵衛の門人戸山寒山を招く。その後、能美や金沢から多数の陶工を集め、多くの佳作を残す。作品は祥瑞、交趾、仁清写、乾山写などの茶陶が多く、本歌をしのぐものも少なくない。
現在、四代矢口永寿が窯を継いで、作陶を続けている。

永楽善五郎(妙全) 染付四方向付 10客 [食器]

当店は数年前より懐石用食器も取り扱っております。

ウェイトとしては・・・通常茶道具 30% 国焼茶道具 25% 眞葛香山 25% 食器 20%といった感じでしょうか。

日本橋ベースでも最初の2年は年に一度、”食の器展”を行っておりましたがそれ以降は特集をしないかわりに常時在庫があるようにしております。


では、今回のご紹介です。

当店では2セット目になります。


DSC02605.JPG


永楽善五郎14代の妙全、お悠さんの作品です。

得全が明治42年(1909年)に早世した為、妻であるお悠さんが同じ14代を引き継ぎ昭和2年

(1909年)まで家業を切り盛りしてました。

時代的な需要もあり、歴代の中でも食器の注文品を多数遺しているのも特徴です。

また、技術の高い職人も多数抱えておりましたので製作レベルのブレの少なさも感じられます。


染付角向付は、茶事や懐石料理屋さまに於きましては定番アイテムの一種です。

明治頃にバカラなど懐石道具を日本より欧州へ発注していた時期がありましたが、その頃にオラン

ダへ注文されていたものの中に、この染付角向付がありました。

もちろん、そちらの方はやや軟陶質でクリーム色に、藍色で縦縞を絵付けしたものでフォルムもや

わらかい形状です。

永楽が染付磁器としてびしっと作り上げたこちらの作品は、焼成時に収縮が起きる焼き物の中で

シャープな四角でしかもやや末広形になるよう、凛とした雰囲気で仕上がっております。

菱形は角の頂点をオフセットして手前に位置するように置くため、四角の折敷膳でも半月膳でも手

前の面に対して見た目の緊張感も生み出し、お料理にも見えない華を添えることでしょう。


10客完品、共箱です。


※ご成約済です。

メッセージを送る