So-net無料ブログ作成

『永樂レアものさん ギャラリー』④ 永樂和全 大河内焼 竹の絵片口茶碗 [新入荷]

今回はさらに、マニアックですよ☆

永樂和全といえば、九谷で焼いたものや、菊谷焼などが知られます。当店でもちょくちょく登場致しますね。

和全の歴史の中で、完全に埋没しており・・・どの資料などでも発見出来ない和全作品が、『大河内焼』です。

DSC_4329-1.jpg

大阪府寝屋川市で和全が製作したお庭焼焼です。


寝屋川の有力豪商であった池村省三が、小楠公(楠木正行=くすのきまさつら)の墓所に墓碑が建てら

れることになったとき、参拝客のみやげ用に陶器の製造を計画しました。

画家の田能村直人の薦めで明治初年に永楽和全を自分の屋敷にまねき、窯をつくりました。

それが『大河内焼』です。

田能村直入による作品も残されております。

DSC_4330-1.jpg

反対側より。

DSC_4331-1.jpg

見込部分。やさしい片口になっております。

本当に、点てやすく飲み易い造りになっており驚きました。

DSC_4332-1.jpg

釉薬も土も、近くだからでしょうか・・・古曽部焼と似ている気がします。

現在、当店では以前入手した大河内焼のうち3点を大阪歴史博物館に寄託しており、昨年に特別コーナーにてご紹介頂きました。


永楽和全は明治9年から明治13年にいたる4年間に「大河内焼」で雅味溢れる作品群を製作しました。しかしながら、高価すぎたので一般には普及せず、窯の経営は成り立ちませんでした。

現在では残念ながら作品の多くは散逸してしまっているようです。

資料類が皆無に近い大河内焼ですが、昔に一度記録されたことがあります。

池村家に保管してあります、大河内焼が寝屋川市史に写真付きできちんと遺されていたのです!

その中に、当作品も掲載されておりました。

DSC_6655.JPG

DSC_4329-1.jpg

DSC_6656.JPG

大阪歴史博物館に寄託しております分も、同じく池村氏旧蔵品です。

DSC_4327-1.jpg

DSC_4328-1.jpg

箱は後年に大阪陶磁協会の安田さんにより箱書されております。

売り物、としてはほぼ存在しないものです。

マニアックだったでしょう?(^_-)-☆


nice!(0)  コメント(0) 

『永樂レアものさん ギャラリー』③ 永樂和全 蔓付茶入 備前写 御室初窯 [新入荷]

『永樂レアものさん ギャラリー』、第3弾いきます。

昨日は、保全から和全に続く時代の中での宗三郎(回全)のご紹介でした。

その中で、御室窯のお話が出てまいりましたが・・・今日、ご紹介致しますのはその御室窯作品です。

DSC_4317-1.jpg

永樂和全 蔓付茶入 備前写 御室初窯

この、フォルムと上がり・・・和全作品の中で、稀にみる仁清の精神性が宿ったかのような作品です。

DSC_4318-1.jpg

反対側から。

この作品は和全の作品の中でも特に稀少かつ出来のいい御室窯時代です。

義弟・宗三郎の所有地に新しく窯を築いたところ、仁清印のある陶片が大量に出土したことから

野々村仁清の窯跡地であったと判明したということです。

しかし、永楽が初めて自前の本窯を開くということ、仁清以来衰退していた御室窯の復興、仁阿寺

の御用窯としての需要など様々な目論見から、計画的な立地であると考えられております。

DSC_4315-1.jpg

この作品は、御室窯の初窯の際に焼かれたものです。

初窯は嘉永六年(1853年)の仲秋(陰暦8月)でその当初よりレベルの高い作品が製作されておりました。

伝世では、初窯では磁器作品が多くこのように陶器でしかも手の込んだ物は後の作品も含めて稀少な佳品であると思われます。

DSC_4319-1.jpg

この蔓の角の立った細い造形、仁清風の轆轤形成のしゅっとした感じ・・・それが、備前写しという、これまたひとつ間違えれば鈍重になってしまうところを、かえって重心感と緋襷によりさりげない景色をあしらうことで、全体としての美を成り立たせています。

DSC_4320-1.jpg

DSC_4316-1.jpg

象牙の蓋が添いますが、これは替茶器としてお使いになられるか、思い切って小間でのお薄なんかでのおもてなしは如何でしょう?(^-^)


御室窯は明治3年(1870年)まで続きました。

その後、まるで父の背中を追うが如く・・・和全も各地に赴いての作陶人生を送ることになります。

次回は、和全のさらにマニアックなやきもののご紹介です。


nice!(0)  コメント(0) 

『永楽レアものさん ギャラリー』② 永楽宗三郎 三島写 酒呑 [新入荷]

第2弾、はこれまた珍しい・・・宗三郎作品です。

『宗三郎』についてご説明を致します。


弘化4年(1847)、保全が友人であります京都の塗師の巨匠・・・佐野長寛の次男を養子に迎える事に致しました。

それが、宗三郎です。本名を佐野善治郎といいます。

なぜ養子を迎えたかといいますと、和全が当主になった永楽善五郎家と並立して、『善一郎家』というものを創設して、宗三郎に跡を継がせようと考えたのです。

ところが、そのことで保全は和全と不仲になり・・・嘉永3年(1850)以降、あちこちを転々とすることになってしまうのです。

宗三郎は嘉永5年頃に、和全に協力して小規模だった工房体制を、本格的な窯場として転換させることに尽力致しました。これが仁清の窯場跡に設けられた、『御室窯』といわれるものですが・・・その後も和全を助け、永楽家を盛り立てました。

後に、宗三郎はその功績を称えられ、永楽13代回全と称されます。


そんな経歴ですから、宗三郎と特定出来る作品はかなり稀少なのです。

DSC_3645-1.jpg


永楽宗三郎 三島写 酒呑


DSC_3647-1.jpg

なかなかの出来栄えです。

DSC_3646-1.jpg


和全の三島よりも良いかも。。。

DSC_3643-1.jpg

これまた珍しい共箱も公開致します。

DSC_3644-1.jpg


印は、保全と同じですが筆跡が異なります。

永楽家に翻弄されつつも、実力を備え・・きちんと職人らしく仕事を果たした宗三郎ですが、明治9年(1876)、義兄の和全よりかなり早くに亡くなってしまいました・・・。



nice!(1)  コメント(0) 

『永楽レアものさん ギャラリー』① 永楽保全 黄南京焼 酒盃 [新入荷]

ここのところ、これまでにない位・・・マニアック過ぎる、永楽善五郎作品が集まってしまいました。(^^;

ということで、しばらく『永楽レアものさんギャラリー』、致します☆


第1弾、保全から参ります。


DSC_3650-1.jpg

永楽保全 黄南京焼 酒盃

南京焼は、中国の明代から清代にかけて焼かれた磁器の総称で、日本には江戸前期に南京地方から渡来したことから南京焼と呼ばれます。

主に景徳鎮民窯で焼かれたものと言われております。

保全は、交趾の釉薬作品も素晴らしいものを多く遺しておりますが、このような黄南京焼という作品は珍しいものです。

DSC_4337-1.jpg

見込み。

DSC_4338-1.jpg

底には染付銘で、「大倭天保年 永楽保全製」とあります。

このような組み合わせも珍しいものです。

大倭、というのは大日本ということですね。

DSC_3650-1.jpg 

凛、とした形状、単色ですが単調ではない・・・なんとも深みのある釉調。さすが保全と唸らせます。

DSC_4333-1.jpg

共箱 甲です。

DSC_4334-1.jpg

共箱 裏です。


保全の善五郎時代の作品になります。

善五郎時代は、文政10年(1817)~天保14年(1843)ですが、了全の存命中は磁器を完成するに至ってなかったといわれます。

そうなりますと、天保12年(1841)~天保14年(1843)の間の作品であると特定することが出来ます。

この時期に、保全製という銘を入れてあるのも、天保時代と解るようになっているのも、この作品のコレクションとしての価値であると存じます。

滅多にない作品です☆


次回も、『永楽レアものさん ギャラリー』、続きます。(^^♪
nice!(0)  コメント(0) 

2018年5月11日~12日の新入荷情報です。 [新入荷]

3日間の神戸出張からの、翌日は”日帰り”で金沢強行軍でした。

まだ疲れがひどくてめまいがしてます。。。(+_+)

やはり、ちょっとスケジュール的に無理がありました。

とりあえず、5月11日~12日の新入荷情報です。


川瀬満之 色絵毛毬香合

城山窯(永楽即全) 桐之絵茶碗 三井高棟箱

和田桐山 金襴手柘榴振出

永楽即全 仁清写吹寄手鉢

河本礫亭 白盛唐草紋汲出し 10客

初代諏訪蘇山 赤画巾合

初代諏訪蘇山 青磁象嵌香合 (小ホツレ)

永楽和全 蔓付茶入 備前写 御室初窯

豊平翠香 乾漆兎蒔絵小袖香合

前端春斎 糸巻蒔絵黒大棗

長岡空権 十二角水指

加藤十右衛門 織部舟形向付 10客

湊焼 赤楽渦文平茶碗

初代眞葛香山 青華獅子画急須 遺作箱

和田桐山 乾山写絵替銘々皿 秋の図 10枚 


明後日、16日からのベースに持っていきます。どうぞ、宜しくお願い申し上げます。
nice!(0)  コメント(0) 

2018年4月19日~21日の新入荷情報です。 [新入荷]

なかなかに・・・ハードな、大阪・名古屋・京都出張ツアーでした。。。

品物が多く、時間も、気力も、もちろん体力も遣い・・・(資金もですがー)

へとへとです。

今週は後半に金沢出張が控えております。

まずは、明日からベースでございます。

23日(月)10:00~17:00

24日(火)10:00~16:00

どうぞ、宜しくお願い申し上げます☆




では、2018年4月19日~21日の新入荷情報をどうぞ。

永楽妙全 染付捻飯碗 【10客】

十二代田原陶兵衛 萩茶碗 鵬雲斎書付

群千鳥平棗 淡々斎書付

山下甫斎 蔦絵大棗 鵬雲斎書付

初代 眞葛香山 春景の図椿に小禽 高浮彫花瓶 一対 香斎極箱

楽 旦入 絵唐津写 蛤向付 【5客】

真葛香斎 吹墨横唄向付 【10客】

魚住安彦(三代為楽) 砂張建水

清水日呂志 三島芋頭水指

佐藤和子 美濃伊賀花入

岸本謙仁 伊賀水指  ※ご成約済み

永楽保全 青釉火入 即全極箱

市江鳳造 志野茶碗 歌銘 唐錦 七十九翁

正木焼 多和良茶碗 銘 大黒 不仙斎箱 ※ご成約済み

初代 眞葛香山 眞葛窯 兜香炉 遺作箱

永楽保全 黄南京焼 酒盃

永楽宗三郎 三島写 酒呑

眞葛長造 模安南 酒呑

各務満  かごめ切子 鉢

十四代亀井味楽 高取焼丸壺茶入 眼鏡箱


++++++++++++++++++++++++++++++++++

♢お問い合わせ先  メール fujii-01@xc4.so-net.ne.jp
お電話 090-8578-5732 (直通)

     ・・・迄、ご気軽にどうぞ。    藤井香雲堂 JFK

++++++++++++++++++++++++++++++++++
nice!(0)  コメント(0) 

横井米禽 模萩 筆洗茶碗 [新入荷]

当ブログでも、ちょこちょこ登場する米禽さんの新入荷作品です。

DSC_3376-1.jpg

横井米禽 模萩 筆洗茶碗

米禽(1885年生 ~1941年没)は

本業(古美術商)の傍ら作陶にいそしみ、研究・研鑽を重ね、大正13年には東雲焼(窯)を譲り受けて作陶に励んだ。

朝鮮系のものから伊賀などの和物に安南まで様々な土を取り寄せ、研究を重ねて造られており茶道具としての使う用に適う作行きが多いです。

米禽焼として、当時も、後世でも人気を博しました。

その中でも秀逸な部類に入るのがこのお茶碗です。

DSC_3378-1.jpg

筆洗形は古来より、萩や信楽等でも見られるお茶碗の形状で、切口のような部分が筆を置く場所のある筆洗に似ていることからそう呼ばれます。

小堀遠州のお好みによる名物茶碗 信楽筆洗茶碗で”花橘”と呼ばれるものが有名です。

そのせいか?

筆洗茶碗は5月・6月に使うというイメージもある方も多くいらっしゃいます。

DSC_3379-1.jpg

このお茶碗はそのお茶碗が高台が四角なのに対して、お茶碗らしい高台になってます。

DSC_3377-1.jpg

反対側より

指による”くぼみ”が、またアクセントとなってお茶碗の味わいを深めております。

萩、らしいようでまた違う別の魅力がある模 萩茶碗のご紹介でした。

※ご成約済みです。

お客様のご意向により、画像は非掲載となっております。ご容赦くださいませ。(__)


++++++++++++++++++++++++++++++++++

♢お問い合わせ先  メール fujii-01@xc4.so-net.ne.jp
お電話 090-8578-5732 (直通)

     ・・・迄、ご気軽にどうぞ。    藤井香雲堂 JFK

++++++++++++++++++++++++++++++++++
nice!(0)  コメント(0) 

般若勘渓 朝鮮風炉 真形釜添 [新入荷]

そろそろ、炉から風炉に代わる頃になりました。

当店では、珍しく?オーソドックスなモノをご紹介です。

でも、なかなか良いものですよ。(^_-)-☆

DSC_3367-1.jpg

般若勘渓 朝鮮風炉 真形釜添

伝統ある、高岡の釜です。

京釜、浪速釜、北陸釜、江戸釜とそれぞれが特徴のある風合いがあります。

DSC_3369-1.jpg

斜め上から。

南鐐摘み、も嬉しいですね。

DSC_3372-1.jpg


内底も、状態良しです。

朝鮮風炉は、元々・・・朝鮮から伝わった香炉が元とも云われております。

切り合わせの真形釜を合わせるのがお約束です。

五徳を使わないので、手前の窓から火が見え、空気が入ります。

五徳が無いですし、灰形も良く見えないので・・・楽が出来る!と思いきや、うっかり炭が真形釜の底に当たってしまう、なんてのも朝鮮風炉あるある、です。(^^;

DSC_3367-1.jpg

普段は、あまり仕入れないのですが、この般若勘渓作品・・・なかなか風炉も釜も良い塩梅なのです。

大西清右衛門みたい、と言ったら言い過ぎでしょうか。

箱、は経年変化で少し、内側に”空き”が生じておりますが、全体的にほぼ未使用品です。

これは、お勧めです。


三代 般若勘渓

父、二代勘渓に師事し双型鋳造技術を修業

1968年    日本伝統工芸富山展 

      北日本新聞社賞'71年教育委員会賞、'73年奨励賞受賞

1969年   第16回日本伝統工芸展初入選、以後入選を重ねる。

1971年   第1回伝統工芸日本金工展初入選、以後入選を重ねる。

1972年   日本工芸会正会員に認定

1973年   第3回伝統工芸日本金工展 日本工芸会賞受賞

1978年   総本山善通寺済世橋の真言八宗文字入り大擬宝珠製作

1982年   第13回伝統工芸日本金工展 奨励賞受賞

1983年   弘法大師将来国宝銅錫杖複製

1985年   第15回伝統工芸日本金工展 朝日新聞社賞受賞

1986年   大徳寺黄梅院伝来紹鴎所持霰尾垂れ釜製作

2001年   宮内庁正倉院の依頼により正倉院宝物「砂波理加盤」複製 

++++++++++++++++++++++++++++++++++

♢お問い合わせ先  メール fujii-01@xc4.so-net.ne.jp
お電話 090-8578-5732 (直通)

     ・・・迄、ご気軽にどうぞ。    藤井香雲堂 JFK

++++++++++++++++++++++++++++++++++
nice!(0)  コメント(0) 

五代真葛香斎 藤之絵茶碗 信楽の土以て [新入荷]

桜も、散り・・・あっという間に春から初夏へ向かいそうな今日この頃です。

4月も下旬になれば、藤棚もあちこちで見られるようになりますね。

今回のご紹介はこちら。

sa_9066.JPG

五代真葛香斎 藤之絵茶碗 信楽の土以て

ひさしぶりに、グッとくる香斎作品です。

sa_9064.JPG

藁灰釉といわれる、真葛長造秘伝の薄いブルーの釉調が特徴で、なんともいえない雅な雰囲気の色絵を表現出来ます。

sa_9063.JPG

後ろ側。

釉薬の掛かっていないところがちらほらと見えますが、こちらがミソです。

sa_9065.JPG

信楽の土を使っているのです。

五代香斎は、1988年に江戸期よりの長造と香山、そして京都の香斎をまとめた本を出されたのも有名です。

その際に、長造を再現した名品を数多く製作致しました。

この作品もそのひとつで、長造の逸品作品で伝世する、信楽土を使ったお茶碗をそのまま写しております。

フォルムも同じように。

信楽というのは、古くは仁清でも仁清信楽といわれる土物の手も見られ、京焼の伝統としては古典に入ります。

そして、長造は仁清の再来と云われるほどの仁清の意匠を江戸後期に蘇らせた名工でした。

そのスピリットをさらに昭和時代にタイムスリップさせたのがこの作品となります。


sa_9062.JPG

以前はたまに手に入っておりましたが、近年では数が少なくなってしまいました。

※ご成約済み


++++++++++++++++++++++++++++++++++

♢お問い合わせ先  メール fujii-01@xc4.so-net.ne.jp
お電話 090-8578-5732 (直通)

     ・・・迄、ご気軽にどうぞ。    藤井香雲堂 JFK

++++++++++++++++++++++++++++++++++
nice!(0)  コメント(0) 

辻石斎 桐笹蒔絵 大棗 [新入荷]

続きまして、お棗をもうひとつ。

DSC09306-1.jpg

辻石斎 桐笹蒔絵 大棗

DSC09307-1.jpg

石斎は山中塗作家で、轆轤挽の名手と言われました。

魯山人の作品も制作してたことで知られます。 かの有名な日月椀等です。


DSC09308-1.jpg

この作品も上質な素地を使い、溜塗も上品に施され・・・木目が綺麗に浮かび上がります。

蒔絵も品よく、桐蒔絵の棗の中でもすっきりしております。


幅 7.3㎝ 高さ 7㎝

※御成約済み


nice!(0)  コメント(0) 
メッセージを送る