So-net無料ブログ作成

加藤春岱 志野立俵茶碗 [新入荷]

名古屋の某家のコレクションから、また出物がありました。

今回は加藤春岱ばかり入手です。

少しづつご紹介したいと思います。

DSC08600.JPG

加藤春岱 志野立俵茶碗

口径9~11㎝ 高さ 8.8㎝

※ご成約済


加藤春岱1802年(享和2年)~1877年(明治10年)

赤津の御窯屋に生まれ、早くから名工と称された。嘉永3年尾張藩主慶勝より春岱の号を賜り、美濃国安八郡今尾に窯を築いた。尾張藩の御庭焼にも招聘された。

瀬戸の窯業技術で成し遂げうるあらゆる種類の焼物をこなし、轆轤と成形、デザインに至っては類を見ない、瀬戸近世の名工である。

DSC08601.JPG

俵を立てた形状になってます。

春岱作品の中でも佳品といえるでしょう。

DSC08602.JPG

春岱窯跡及び、周辺より出土された銘の分類です。

春岱は明治頃より贋作が多数製作され、時代も近いところで伝世してるため、経年変化や流通により混じってしまってるケースが多々見られます。

しかし、現在では各方面の研究家によりきちんと判別されおりますので、展観等でも今後紹介されていくことでしょう。

春岱作品、今回7点入荷しました。

次は11月2日~4日の金美特別展で特集展示を致します。


・・・・明後日には名古屋・金沢と1週間の出張になりますので、準備にかからないと。。。



nice!(1)  コメント(0) 

八代白井半七 瓢透し筒向付 (水呑みにも) 【10客】 [新入荷]

もう一点、八代半七のご紹介です。

DSC08566-1.jpg

八代白井半七 瓢透し筒向付 (水呑みにも) 【10客】

口径5.7㎝ 高さ10.5㎝


珍しい、筒向付です。

DSC08568-1.jpg

杵形というのでしょうか。色の鮮やかな食材を盛ると映えそうです。

DSC08569-1.jpg

また、菓のもの、なんかも面白いかもしれません。

DSC08570-1.jpg


DSC08567-1.jpg

半七の共箱によると、コップにも使えるように造られているようです。

食前の梅酒、や少しシャーベット状にしてソルベとして間にお出ししても良さそうですね。


※ご成約済

nice!(0)  コメント(0) 

2017年10月19日~21日の新入荷情報です。 [新入荷]

昨日までの『ベース215』~9月―10月 秋の週穫祭 へお越しただきました皆様、誠に有難うございました。

次回もお楽しみに、どうぞ宜しくお願い申し上げます。



十一代今泉今右衛門 錦舟形宝模様猪口 【10客】

須田祥豊 絵唐津耳付水指

加藤春岱 狂言袴茶碗 金継有り ※ご成約済

加藤春岱 瀬戸黒梅鉢文茶碗

加藤春岱 志野平茶碗

加藤春岱 志野塩筒茶碗 共箱

加藤春岱 志野俵茶碗 堀内不仙斎書付 ※ご成約済

加藤春岱 志野立俵茶碗

加藤春岱 織部筒茶碗 根引松子立鶴絵

伝加藤民吉 染付宝獅子絵細水指

八代白井半七 井戸形 赤絵馬上杯 入子茶碗 ※ご成約済

八代白井半七 瓢透し筒向付 (水呑みにも) 【10客】 ※ご成約済

永楽即全 仁清写編笠向付 【10客】※ご成約済


nice!(1)  コメント(0) 

八代白井半七 井戸形茶盌 赤絵馬上杯茶盌 [新入荷]

何故だか、当店ブログで検索が安定して一番多いのが・・・白井半七です。

ご期待にお応えして(?)、半七作品の入荷です。

といっても、通常ではあまり見かけない作品です。

DSC08572-1.jpg

八代白井半七 井戸形茶盌 赤絵馬上杯茶盌

2つ、のお茶盌が入れ子になっております。

DSC08573-1.jpg

DSC08574-1.jpg

やや小振りの井戸形茶盌ですが、形状・釉調共にいい味わいです。

DSC08575-1.jpg

赤絵馬上杯です。 乾山の意を汲んだ感じの半七風、といえます。


DSC08576-1.jpg

DSC08571-1.jpg


8代白井半七は小林一三の招きによって兵庫県宝塚市に移窯し、仁清・乾山写し等の華やかな京焼の作風を採り入れました。

1898(明治31)年生~1949(昭和24)年没

半七はやはり八代作品が、一番味わいと優美さを兼ね備えてると思います。

※ご成約済です。


次回も八代作品のご紹介を致します☆



nice!(0)  コメント(0) 

十一代今泉今右衛門 錦舟宝模様猪口 10客 [新入荷]

当店では珍しい今右衛門の作品です。

DSC08561-1.jpg

十一代今泉今右衛門 錦舟宝模様猪口 10客

なんともいえない色合い・形状がお気に入りです。

DSC08562-1.jpg

DSC08563-1.jpg

かわいいサイズです。

幅7.3cm×4.8cm 高さ2.6cm

DSC08564-1.jpg

以降の今右衛門では見かけない色合いです。

DSC08565-1.jpg


1客窯切れがありますが全体的に状態良好です。

DSC08559-1.jpg

DSC08560-1.jpg

本作は箱書きより1929年(昭和4年)の作であることが判ります。

襲名直後の優品であります。




十一代今右衛門(1873年~1948年)

1927年に11代を襲名。

絵付けを得意とし、常に技術向上への意欲を持ち続けました。特に色鍋島、古伊万里の最盛期の作品の復元につとめ、江戸時代の元禄期の作品と比べても遜色のない優れた作品を造りだします。

昭和8年 大宮御所・貞明皇后より伝統技術を保護するためにとの御用を受け、その後宮内省、各宮家の御用達を受けるなど優品を造り、今日の今右衛門家の基礎をつくりました。

1937年 英国ジョージ6世戴冠式に際し、大宮御所よりドラモンド卿への御土産品を制作し納入する





(1873年~1948年)


nice!(0)  コメント(0) 

ベース、営業中です。 [BASE215]

本日は朝から晴天、ですのに…昨夜の台風の影響で、当方のメイン電車であります南海本線を始め、関西のあちこちの電車が運行見合わせだったり、高速の一部が通行止め、という混乱ぶりでした。(+_+)

私自身は、車で無事にベースに着きましたがお客様は来られるのか?と心配しましたが、逆にご都合が合ってお越しになられました皆様、誠に有り難う御座いました。


今回のベースの様子です。

DSC_5323~01.jpg

展示台をトランスフォーメーション致しました。

DSC_5322~01.jpg

金美特別展 図録掲載作品など

DSC_5320~01.jpg

食器コーナー

DSC_5325~01.jpg

加藤春岱 特集

今月は明日、明後日が最後のベースです。

来月は頭に金沢美術倶楽部での特別展があり、その翌週はオークション仕入れが複数ありますので、ベースは

11月13日~18日の予定です。


nice!(0)  コメント(0) 

10月最期のベースです。 [BASE215]

政権の台風は一過の様子ですが・・・天気の台風は現在猛威を奮っております。

皆様の地方はご無事でしょうか? 当方の近隣では最近の豪雨と同じく山手を中心に早めに慎重な位のエリアメールが出てます。

念には念、という感じでもありますのですが、無事に夜が明けることを祈ります。

ベースも明日は営業中止も考えたのですが、関西では朝には台風一過で晴れ間の一日になるようで。

と、いうことで予定通り営業致します。


切手面ショップカード(紺)-1.jpg


今月最後の営業週です。

10月23日(月)10:00~17:00

   24日(火)10:00~17:00

   25日(水)10:00~16:00(撤収日の為時間が早くなります)



明日からの3日間は・・・


『尾張の名工 加藤春岱 茶碗展』 + 『金美特別展 図録出展作品プレビュー』
となります。

皆様のご来訪をお待ち申し上げております☆


写真面ショップカード(横)2-1.jpg







nice!(0)  コメント(1) 

二代 眞葛香山 光格天皇所持仁清写松竹梅茶碗 昭和七年 [眞葛香山]

金沢美術倶楽部での金美特別展にて、当店が出品予定作品を少しご紹介致します。


二代 宮川香山(眞葛香山) 光格天皇所持仁清写松竹梅茶碗 昭和七年

DSC08327.JPG


光格天皇所持の野々村仁清のお茶碗の写しです。


第一一九代天皇。閑院宮典仁親王の第六皇子。幼称祐宮、名は師仁のち兼仁。

後桃園天皇崩御の際、同天皇の養子となり、安永九年即位。博学能文で知られ、作詩、管弦に長じた。また朝儀再興に力を入れ、幕府に働きかけて古制の復活に努め、在位中に石清水社・賀茂社の臨時祭を再開した。

また実父典仁親王に太上天皇の尊号を宣下しようとして幕府の反対に遭い断念を余儀なくされた「尊号事件」は後の尊王思想に大きな影響を与えた。

天保11年(1840)崩御、69才。


DSC08329.JPG


このお茶碗は香山の茶碗の中でも有名な作品のひとつです。

昭和7年(1932年)に国華の創立周年記念に依頼製作されたものです。

光格天皇所持の仁清茶碗を所持された方の子孫の意向と伝えられれます。

DSC08330.JPG

DSC08332.JPG


通常の作品だと、仁清”意”となりますが、こちらの方はそのままの”写し”になりますので、”倣古”と箱書きされます。

二代香山はその後最晩年頃にも仁清の写しのお茶碗を製作致しますが、そちらの方は綺麗な作でまた別の趣きになり、このような古作風とはまた異なります。

この何とも言えない雰囲気を出せてるのも香山の力量を感じさせます。

当店では四年前にも扱いまして、その時はお収めするときに一抹のさみしさがありました。

また、いつか・・・と思ってましたら四年経ってました。


※ご成約済
nice!(0)  コメント(0) 

第10回記念 金美特別展のお知らせです。 [催事]

今月のベースはまだまだ日程ございますが・・・・

来月開催される催事のお知らせです。

0000496081.jpg

金沢を中心とする有名美術商35店が一堂に会し、 厳選された美術品を各商店ごとに展示即売いたします。


会 期/平成29年11月2日(木)、3日(金/祝日)、4日(土) 10:00~18:00(但し4日は16:00迄)
会 場/金沢美術倶楽部 金沢市上近江町61
入場料/無料


当店も10年目・・・5回目の参加になります!

図録掲載作品のご紹介です。


0000495191.jpg


宮川香山

倣青華元様七賢人画水指

共箱 外箱香斎極 鵬雲斎書付

明治末期の作品で、初代香山の珍しい水指になります。


北陸の皆様方はもちろん、ご遠方からのご来訪もお待ち申し上げております!

nice!(0)  コメント(0) 

13日の営業について。 [BASE215]

切手面ショップカード(紺)-1.jpg

先日、所用につき13日(金)の営業をお休み、とお知らせいたしましたが予定通り営業することになりました! 御案内状通り、10月10日(火)~13日(金)、23日(月)~25日(水)の合計7日間の営業となります。 10:00~17:00(最終日25日は16時閉店)

写真面ショップカード(横)2-1.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
メッセージを送る