So-net無料ブログ作成

木地猿茶挽長角香合 [WEB BASE(商品紹介)]

本日のご紹介はいつもと少し・・・毛色の違った作品になります。

DSC07011.JPG

木地 猿 茶挽 長角香合  [江戸時代]


本体はきちんと成形した木地に上質な蒔絵を施し、表面は木地を活かした意匠です。

この香合の肝、となるのは表面の鉛の造形であります。

DSC07012.JPG

「猿」が臼で茶を挽いています。


元々は中部地方の数奇者さんが猿に因んだものを中心に面白いお道具を収蔵されてのが、蔵整理にて美術倶楽部で出されたものの一つです。

DSC07013.JPG

角には金の蒔絵で唐草紋様が施されております。

DSC07014.JPG


蓋裏と、そして身の底には月と秋草が続きで描かれており、蓋を開いた状態でパノラマのようです。

こちらは砥ぎ出し蒔絵にて、閉鎖された空間の平面に見事に季節の情感を閉じ込めております。

DSC07015.JPG

時代香合の例にもれず、錫縁になってます。

DSC07016.JPG

底面も丁寧に仕上げられております。


炉開きの前の秋にお茶の準備に勤しむ猿の図・・というだけでも面白いものですが、もう少し何か考えてみることにいたします。


猿、と抹茶。


そこで浮かび上がるのは、茶所で有名な宇治田原町にあります「猿丸神社」です。


三十六歌仙の一人である猿丸大夫がご祭神となっている神社です。

Sanjūrokkasen-gaku_-_11_-_Kanō_Tan’yū_-_Sarumaru_no_Taifu.jpg

狩野探幽筆 猿丸大夫図

「奥山に紅葉ふみわけ鳴く鹿の 声聞く時ぞ秋はかなしき」の歌で知られる猿丸大夫は古来、

歌道の神として猿丸大神と崇められ、その徳を慕う多くの文人墨客がこの地を尋ねています。

また近世に入ってからは、瘤・出来物や体内の癌種の病気平癒祈願に霊験があるとして、

こぶ取りの神として信仰されるようになりました。

御本殿に供えられている木のコブは、瘤を取って癒していただいた人や

種々の病気の悩みが治ってお蔭を受けた人々が、御礼の意味で奉納したものです。

今日では、何病も瘤として祈願すれば平癒祈願の御神助を授かるとして、南山城地方を中心に広く

篤い崇敬を集め、家内安全・無病息災・交通安全・厄除、更に勉学・受験合格の守護神として、

親しみを込めて、“猿丸さん”の呼称で信仰されて、毎月十三日の月次祭にその霊験を慕う人々の参詣で

賑わいます。

600年後半とも800年代の人物ともいわれますが詳細は不明です。

古今和歌集には猿丸大夫の記述があることから、それ以前の人物ではあるのは間違いないようですが、そもそもこれが本名ではない、という話もあります。

近年では柿本人麻呂と同一人物では?という説もあったりするようです。


ただ、猿の意匠というのだけでなく臼を挽いていることが、様々な解釈と妄想をかきたてさせる作品ですね。

現代と違い情報に溢れていない古の時代。芸術・美術・道具といったものに、己の知識・経験などから様々な想いを込め、捻ったりしてモノを産み出していた時代です。

現代人の我々が、浅はかな知識で計れない隠された秘密を探し出すのも、また一興です。




矢口永寿 九谷焼鴛鴦絵長角向付10客 惺斎好み [WEB BASE(商品紹介)]

さて、もう4月です。

まっっったく、春の予感がいたしません。まだ肌寒いですし、桜もこれっぽっちも見かけません。(^^;

とはいえ、4月からは当店も新シーズンに入ります。

忙しくなりそうな予感もありますので、そろそろ商品紹介も心機一転スタート致します☆


食の器でありつつ、茶道具でもある作品をご紹介致します。


DSC07047.JPG


矢口永寿 九谷焼鴛鴦絵長角向付10客 惺斎好み

なかなか流通の少ない作品です。

九谷焼では、人間国宝を輩出している徳田八十吉や吉田美統を始め多数の著名作家がいらっしゃいます。

しかし茶陶となりますと、やはり須田青華と矢口永寿に尽きます。

前者は魯山人とのゆかりから、器の世界でも名が知られますが、永寿は千家との繋がりから書付道具も多く、その作品達は日本中の茶会で活躍してきました。

この向付は、表千家十二代家元 惺斎宗匠(1863年-1937)が『お好み』として造らせた作品です。

DSC07046.JPG

なので、書付のみならず・・・・


DSC07044.JPG

側面まで自筆で丁寧に。


作品の画像に戻りましょう。

DSC07048.JPG


九谷焼の魅力は、やはり磁器に上絵です。

磁器物といえば、元祖釉下彩の染付が主流で近年では様々な色物がありますが、九谷焼は特有の配色と丁寧な絵付けから生まれる世界観が、美術に浅い人から深い人まで魅了します。

DSC07049.JPG

鴛鴦が色違いに配置してあります。

また側面には宝袋のような絵付けが施されております。

やや、端反りにしてあり底面より大き目に錯覚させます。

そうなんです、この向付の真髄は意匠の良さもさることながら、そのサイズにあります。

幅 13㎝×9cm 高さ 4㎝

茶事では利休形の折敷を中心に使われます。小間での茶事に対応しておりそのサイズは一般の折敷より小さ目になります。

惺斎宗匠がお好みにされたこの向付は、最大幅のサイズは広げず、かつ底面をしっかり取って盛り付けには支障をきたさないよう、そして小さく感じさせないように端反りにして・・という工夫が盛り込まれております。

DSC07050.JPG

古九谷のように角に福の字の書き銘を入れ、左下に隠し印として自身の永寿印を押してあります。


初代矢口永寿の作で、1921年 大正10年のお好みであるのがきちんと書付にしたためられております。

96年前の作品ですが、まるで新品のような状態で10客 無傷完品で伝世しております!


※ご成約済です。


桐蒔絵吸物椀 十客 [新入荷]

新ベース営業まで、春休みを頂戴しております。

しかし、こちらのJFKでの更新はしたいと思っております。思っているのですが・・・・。

本店では小さ目の布製のバックスクリーンしか無くて、思うように写真が撮影出来ません。

しかし、あまりに空白期間は空けられません!

ということで、スマートフォンでサクッと撮影したもので失礼致しますがちょこっとご紹介致します。

DSC06910.JPG

桐蒔絵の吸物椀です。


サイズは幅13㎝

高さは下の方が6㎝、蓋をした状態で9㎝になります。


DSC06912.JPG


もちろん木製で、上質の蒔絵にて桐文様を蓋に描いております。

おそらく北陸方面の作になると思われます。10客無傷です。

DSC06913.JPG


さらっとした作行きですが、なかなか良いです。

DSC06909.JPG


塗りの箱に収まります。

※ご成約済


当店では『食の器』は『やきもの』がメインですが、塗り物も入る事もございます。

勿論、お探し致しますのでご注文もお受けしております☆

今度こそ、本当にさよなら日本橋ベースです。 [日本橋ベース]

あらかた、撤収は完了しておりますが…

最後に細かいものの撤去に行きました。

永らく使ってきました、看板や展示ステージ等は、大阪南美術会館さんが新店舗で再利用していただくことになり、無駄にならずに済んで嬉しく思います。

ということで…

最後に玄関前で看板と記念撮影してみました。

DSC_3449~01~01.jpg

2012年9月~2017年3月迄の四年半の間、本当にお世話になりました!

次は4月より貸しギャラリースペースにて営業することになりました。

詳細は近日中にお知らせ致します。(__)

 ↑ 

の筈でしたが、まだまだ伸びそうです・・・(-.-)

5月マデニハナントカ・・・・

2017年3月19日~21日の新入荷情報です。 [新入荷]

ベース、移転計画、一歩進んで2歩下がる? なかなか進んでおりません。

どうしたものやら・・・。(-.-)


いつもであれば、ベース期間以外は別の展示会に出店中か、オークション出張中でございますが、現在は移行期間中につき、『珍しく』本店で営業していたりします。(^^;

_m_koundo.png

↑ 本店です。

事前にご連絡の上お越しくださいませ☆

南海本線・岸和田駅の次の『蛸地蔵』駅下車スグです。



さて、この数日間に大阪美術倶楽部・名古屋美術倶楽部・京都美術倶楽部と三都物語しておりました。

どこも少な目の出品量でした・・・


2017年3月19日~21日の新入荷情報です。


塗正春、蒔絵柳石 凡鳥棗

藤原啓 備前緋襷平水指

横井米禽 青華磁吹墨吉之字四方小皿 三十枚

横井米禽 鼠志野釉葉形平向付 十客   無地箱

七代高橋道八 乾山写三方形雪竹之図向付 十客

初代伊東陶山 月兎香合 ※ご成約済

眞葛香山(大正中期) 珊瑚釉白牡丹唐草菓子器

三代清風与平 青磁水指

三代清風与平 青華月に梅図 盃

三代清風与平 青華笹の図 盃

笹田有祥 内海茶入

市野信水窯 丹波大海茶入

荒井喜峰 鮎蒔絵中棗



クリスティーズでの藤田美術館コレクション [見聞録]

なかなか商品紹介を出来る準備が出来ませんで・・・大変申し訳御座いません。

ベースの移転の準備などなどもございまして。。。

なかなか、いつ移転オープン出来るのかもまだ確実にならない現状で。(-.-)


それはさておき。

昨年12月のJFKでの見聞録でご紹介しました、藤田美術館の中国コレクションのクリスティーズでのオークションが本日無事終了したそうです。


150億を見込んでたところ・・・

301億というとんでもない結果で終わったそうな。(^^;


その中でも目立ったものを、下見会の際に撮影させていただいておりましたのでご紹介しましょう。

DSC_2595.JPG

青銅儀首饕餮文方尊 商後期 紀元前13〜11世紀

エスティメイトが600万ドル〜800万ドルだったのが・・・


37207500ドル   

日本円で42億6千万円 !


そして、メインの・・・


DSC_2596.JPG

DSC_2598.JPG

陣容 13世紀 六龍図 

エスティメイト 120万ドル〜180万ドルが。

48967500ドル

約56億円 ( ゚Д゚)



藤田美術館様、おめでとうございます。

2016年6月で休館し、2020年にこの資金でリニューアルオープンされるそうです。


そんな美術館のお茶室で、数年前の3月にお客様とアリス茶会という不思議の国のアリスをテーマに遊んだ茶会をしてしまったのは内緒です。(^^;



2017年2月24日~3月11日の新入荷情報です。 [新入荷]

大美アートフェア、上本町近鉄からの、神戸でのオークション出張3日間が続きまして・・・

ようやく一段落です。

今月は移転期間中につき、日本橋ベースの営業がございませんので、久々にゆっくりするつもりでありましたが・・・

どうやら、そういう訳にもいかない雲行きです。(-.-)


今月は、時間を見つけてブログにて商品紹介を行っていきたいと思います。


ひとまず、2017年2月24日~3月11日の新入荷情報です。




仁阿弥道八 三島猪口  ※ご成約済

林英仁 鳴海織部練込手水指 ※ご成約済

桐蒔絵吸物椀 十客 ※ご成約済

八代白井半七 雪松香合

山澤松篁 着彩花菱文茶碗 ※ご成約済

六代清水六兵衛 赤三嶋蓋置 七代極箱 ※ご成約済

四代清水六兵衛 刷毛目茶碗

和田桐山 三嶋手 数茶碗 十客

眞葛長造 仁清意眞葛窯香合 信楽手泊舟 鵬雲斎書付

翠紅・尚古斎 木賊文硝子水指  麻乃葉編蓋 ※ご成約済

九代白井半七 水仙之画蓋置

初代井高帰山 面取茶入

九代大樋長左衛門 黒茶碗 銘 『昔語』 鵬雲斎書付 ※ご成約済

十五世津塩吉右衛門 湊焼平茶碗 数印 ※ご成約済

永楽妙全 祥瑞赤絵中皿 二十枚

眞葛香山(大正後期) 呉祥瑞意寿画茶碗 即中斎書付 ※ご成約済

眞葛香山(昭和初期) 仁清意結文香合 即中斎書付

伊勢崎満 備前緋襷手鉢 ※ご成約済

四代清水六兵衛 黄伊羅保 丼 ※ご成約済

大喜豊助 豊楽焼木具写細茶入 ※ご成約済

上田直方 信楽うづくまる花入 ※ご成約済

高橋一彦(雄松苑) 膳所焼蹲花入




楽了入 山雀写茶入 共箱 当代極箱 [新入荷]

楽吉左衛門歴代の中でも名工で知られます九代了入の珍しい作品です。


DSC06627-1.jpg


『山雀写茶入』

本歌は中興名物の有名な瓢形の茶入です。瀬戸後窯で新兵衛作と伝わります。

瓢形ということから、鎌倉時代後期に撰された玉葉集の中にあります寂蓮法師(藤原定長)の歌の

〜籠のうちもなほうらやまし山がらのみのほどかくす夕がほのやど〜から銘が付いたそうです。

渋紙色の釉がかかり、黒ずんた釉が景色となり、また縦横に箆取りや窪みがさらなる趣きとなってます。それらも再現しております。

yamagara-1s.jpg

本歌です。


DSC06625-1.jpg


なかなかの作品です。

仕覆は元のものに加えて、さらに二種類用意されております。

DSC06621-1.jpg

共箱の甲には『十の内』となっております。


本歌の伝来が・・・小堀遠州-土屋相模守政直-田沼主殿守意次-田沼山城守意知-豊田家-川村家-赤星家-団家・・となっております。

了入時代の所持者が、山雀茶入を入手された際に十個写させたものでしょう。

なにせ中興名物ですから、それは大変なことです。

使うことすらためらわれるものです。

そういう意味でも、よくある『写し』というものより一段深い作品かと思います。

DSC06624-1.jpg

先述のことより、作品は写しの意が強い為、了入の印は控えられてありません。

当代の極めも取ってあり、その際に眼鏡箱に仕立てられております。

是非お茶事などでお楽しみ頂きたいと思います!



第69回道具屋横丁開催中です。 [催事]

初日、終了致しました。

いつになく?初日のお昼頃からお馴染みの方々が多数ご来場頂きました。

明日が雨予報ということも関係あるのでしょうか・・・?(-.-)

さて、当店ブースの風景を。

DSC_3219-1.jpg


本当に、お茶会で使える作家さんのものもお手頃になりました。マニアックなものだけでなく、そういうものの御値頃品もご用意しております。


さて・・・一昨日のできごとです。

大美アートフェアの終了後、皆様の撤収を見届けまして当店の搬出をする際・・・

美術倶楽部の古い方のガレージはスロープが急な角度です。トラック用ですから。

当店の店用車、ステージア・・・バックで入るときはセーフだったのですが、荷物を積んで出発する際に、マフラーが乗り上げ動けなくなりました。( ゚Д゚)

結果・・・・。

DSC_3211-1.jpg

マフラーが曲がり、弱くなった溶接部がもげました。( ;∀;)

なんてことです・・・。

今週の催事で、いいことがあるのを願います。

メッセージを送る