So-net無料ブログ作成

永楽妙全 祥瑞赤絵中皿 二十枚 [WEB BASE(商品紹介)]

金沢美術倶楽部で開催されました、正札会”若筍会”へご来場頂きました皆様、誠に有難うございました!

この度もよいご縁を頂戴致しました。

全体としても近年最高出来高だったようで、なんとも盛況でございました。

次は11月に金美特別展がございます。こちらはブース催事ですのでまた別の面白さが御座いますので、是非その節も宜しくお願い申し上げます。



さて、金沢出張から戻りまして、1・2日は仕事に追われ・・・なんとかやっつけることが出来まして

3〜5日は0泊3日という弾丸宮崎旅行へ行って参りました。

夕方からフェリーで出て、朝に到着し、その日の夕方にフェリーで帰る、というやつです。

時化もあり、船酔いというものに初めて悩まされつつも、なんとかプチ家族旅行してまいりました。

さて、気を引き締めなおして・・明日から仕事スタート!です。


では、商品紹介から。


永楽妙全 祥瑞赤絵中皿 二十枚


DSC07085.JPG


本歌も古赤絵で、このような形状と意匠があります。

六角の角ごとに少し輪花のような切込みが意匠を単調さから解き放っております。

DSC07086.JPG


側面で絞込みを入れ、手が入るようにし、お皿を取りやすく工夫してあります。

DSC07087.JPG

幅は14cmです。


なんと、この作品は”20枚組”です。 以前同じモノの10枚組は扱ったことございますが、20枚とうのはなかなか出会えません。

なのに、お値段としてはほぼ同じ位でのご提供になります!

お料理、デザート、主菓子など様々な用途が出来ます。


【二十枚無傷 共箱 大正時代】





永樂妙全(えいらくみょうぜん、1852年 - 1927年10月1日)

千家十職。焼物師。永楽家十四代。得全の妻悠。

夫の得全の死後、次代の正全と共に家業を守る。

三井高棟翁より「妙全」を賜わる。

歴代の中でも一番食器を制作した代で、注文品なども多く・・・10客揃いや20客揃いのお料理屋さんなどに使える永楽作品は妙全のみと云えます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る