So-net無料ブログ作成

五代川端近左 錆塗松葉蒔絵大棗 鵬雲斎書附 [商品]




先代の川端近左さんの作品を御紹介いたします。

デジカメ 1916-1.JPG

デジカメ 1917-1.JPG

錆塗という、十代あたりの飛来一閑も菓子盆などで作製していた技法に似ている侘びた感じの表現方法です。

一閑の和紙張りと違って、錆塗はかっちり漆で固められておりますので乾燥にも強く、普通の黒地の蒔絵物より痛みにくいという良点があります。

近左さんでは五代より作り始められたもので、似たような表面にイジ塗りといった赤や緑も鵬雲斎好みのものもあります。

個展価格では書附無しで50万程いたします。

鵬雲斎の現役時代最後のあたりの書附ですが、お値段は・・・・お買い得価格です。

お問い合わせ下さいませ。


五代川端近左

大正四年、奈良に生まれる。
昭和三年、十二歳で四世近左に入門。
十六年、養子となり、三十八年、五世近左を襲名。
奥の深い茶道具の世界にひかれ、三十五年頃より茶器製作に専念。
平成十一年没。
大阪府にて知事賞、大阪市展で市長賞受賞。日本美術院展数回入賞。
昭和五十六年、五十九年、大阪府工芸功労賞受賞。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

伊藤 敏記

五代川端近左 錆塗松葉蒔絵大棗 鵬雲斎書附
お値段をご連絡ください。よろしくお願いします。
mail:toshiito@chive.ocn.ne.jp
by 伊藤 敏記 (2017-01-02 13:26) 

fujii-01

お問い合わせ有難うございます。

こちらの記事は2012年のものですので、もちろん当該作品は当店にはとっくにございません。

誠に申し訳ございません。

ちなみに、価格は29万円でした。
by fujii-01 (2017-01-02 22:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る